茅屋雑記帳

ボンクラ主婦きすけの気ままな日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

まあ身体やらその他いろんなことがあるんだけど。
人間、もろ生死に直面しない限り、陰気にさえならなきゃ救われると思うのでそうしている。
陰気になったってその分損だし(笑)。

人さまに疎まれるのは辛いことだが、それも仕方ないであろう。
原因はたぶん自分にあるんだろうなあと思う理性があれば、むしろ陰気にもならん。

心は自分だけのものなので、大事にしたい。

PageTop

伜は今日・明日と名古屋出張ゆえお弁当作らんでいいんだが、習慣てのは変なもので、
目覚ましかけんでも必ず4:50頃には目が覚めてまうのな。
アスパラの牛肉巻焼き・ピーマン&人参炒め添えと出汁巻玉子とプチトマトでいいかな、
などと、ぼぉーっとしたアタマで危うく作っちまうところやったわ(笑)。

名古屋出張だと私の実家に泊まることが多く、高齢の爺婆に迷惑かけんといてや、と、
一応釘刺しとくんだが、ま、孫は可愛いらしく、しかも今遠くにいるお兄ちゃんは別として、
お姉ちゃんと、同い年の姪っ子とで成る『いとこ会』って飲み会をしばしば行っているため、
泊まる機会はしょっちゅう、自分の実家みたいにすっかり馴染んでしもうとるようだ。


こないだの土曜、体調が良かったのでお正月から行っていない実家に寄った。
母よりの名古屋弁の電話で、
「あーんたなにー、ちーっとも顔見せーへんねー、たまには来やー」
と、度々言われていたけど、病人臭い姿を見せて心配かけるのが嫌だったし、実際、
コケコケの顔見たら、爺婆兄姉、皆、絶句しとったわ(笑)。

だが、先の6月の『いとこ会』で泊めてもうた際、伜が、
「おばあちゃん、もしおかあさんが来て顔見ても、あんまり吃驚せやんとったってね、
あの人おかしなとこでめっさ神経質やし、それでまた悩むとあかんよってに」
家ではそんなこと一言も出さへんあいそのない男やのに、予めそう言い置いてったそうで、
その件についてはさほど問われず多少は役に立ったようだ。


何にせよ、母や姉と話していると声を上げて大笑いしてしまい、胸がスカッとする。
やたら無口な父がそれを聞いて時々にやっと頬を緩めているのもうれしい。
兄もうちのおっさんと仕事の話などして、お互い腹を割って話せる関係なのか気が合う。


ほんとは、いつでも行きたい実家、楽しい。

でも。
それでも。
やっぱ家が一番いい、元気でいても、病んでいても、私が一生住む私の家やから。
死ぬのもここだと決めている私の家やから。

PageTop

ガリ2

朝起きたら久々にからっといいお天気、小さ目・薄めの毛布やシーツの洗濯等に励んだ。
弁当作りが習慣になってい、たとえ休日でも目覚まし無しで早起きてしまう年寄である。

窓辺でずらり並んだ洗濯物を眺め満悦していたら、私同様年寄なおっさんも起きて来て、
「あんた、ほんまひでえガリっぷりな後姿やな」
などとしみじみ言わはる。
そして
「ふらつくからって言うけど家の中だけで養生しとらんと、ちいとは外出もせなあかんのぅ、

 よし、ドライブするでー」

だと。

連れて行ってもうたのは隣の市の蕎麦屋さん。
隣と言っても一時間くらいかかる山奥である。
取引先の方から聞いた隠れ家っぽいお店らしいが、蕎麦好きの私には凄くうれしい。

で。

食べたえー、も、追いざる頼もうかと思ったほどに。

野草の天ぷらや小さな御飯碗の五穀米までも完食したがな。
どれもこれも美味しかったー。
おっさん、御馳走様でした、ありがとうございました。



別に運動ができたわけじゃなく、単に助手席に座って景色を眺めているだけだったのに、
新緑の眩しさ、澄んだ空気、心地よい風のおかげか、とても健康になった気がする。
あー、もうホント、幸せでございました、このノリでガリ脱却を目指します、はい。


PageTop

ガリ

回転寿司店に行くとつい欲張って皿にどさっと盛る…いや、そういう話っちゃうやろ。


体重如きに一喜一憂すんのもナンなのでせいぜい週に一度位しか計測しないんだが、
太る努力ってのもなかなかめんどくさいもんだなあと思う。
まあ先の入院当日の計測で出た44kgしかねえ悲惨な状態からは2kg程増加してたけど、
普段身長165cmとごまかしているものの本当は167cmあるんで(どんな見栄やねん())
やっぱ痩せすぎってか、すごくみっともないんだよなぁ。
トシ食ってると余計に貧乏臭く、やたら老いた風貌になってまうわい。

芸能人の体重やスリーサイズなんて単に表向きのもの、全くアテになんねえわ。
スタイルが良いと言われる人のそれが本当であっても、一般人なら要入院だと断言する。

PageTop

甚平さん

まあ私がめっさ情けなく使い物にならん病弱な人間であることは昔からわかっておるし、
そんな生活の中で『何とかやってこに』と、我慢してくれてるおっさんには深く頭を垂れる。
やさしいのな、うちのおっさん、ほんまに、ありがと。

で、連休中の今、何をしているかというと、やっぱ裁縫ですな。
昨今は病衣や大・小タオル等レンタルできるんでおっさんに洗濯してもらう手間も省ける。
でも、甚平式の病衣は着易いし楽ながら、知らんうちにガバガバ緩んで来、身体に合わん。
改良の必要アリ、ってな感じかな。

ってことでそれを教訓に自分用家着の甚平を製図しとります。

老眼入ってるんでえらく肩が凝るわいな()。

PageTop

うれしいな

ブログ開店休業状態の間に何度入院したことか。
いちいち数え上げるのもめんどくせえわ。
もう、さ、ガッリガリのシッワシワ、足首なんか親指と中指の輪に入ってまうわえ()
かく言う現在も家に帰ってまだ間もないのでござる。

ただ、入院中にもそれなりにいいことはあったな。

持続点滴が外されてせいせいした日、ベッドに横たわりぼーっと床頭のテレビを見てたら、
とある番組で、

「あら?」

今は亡きYahoo!掲示板が活発だった頃お知り合いになれた方の投稿と思われる、

楽しい出会いが。
『こうなってしまった!』というタイトルやニックネーム、御職業からもたぶん御本人であろう。
はしょり気味で紹介された映像だったけど、懐かしくそして温かく胸に沁みた。

何より、ああ、お元気でいらしてよかった、と、すごくうれしくなった。

PageTop

続・ばっかり食

って書いたら、NHKで糖質制限の特集をやってた。
極端なことはいかん。
若い女性にも見てほしい。

PageTop

ばっかり食

昨日。
通院日だったのだが、検体検査の結果は思わしくなく、血がうっすいうっすい。
おまけに体重も減っていた。
神経質になってもしゃあないから家ではあまり量らんけど、こけた頬見りゃわかるわの。

こりゃスタミナつけねば、と、帰り際お肉を買いに。
ありがたいことに病院の真ん前がスーパーなんですわ()
大判の豚ロースでとんかつを揚げ、千切りキャベツ・トマト等のたっぷりな付け合せも、
あおさ海苔と豆腐と葱を山盛り入れた味噌汁も完食。
勿論ごはんも飯碗に普通盛りで食べた。

やたら炭水化物を制限する健康法が流行って久しく、米も敵視みたいな風潮があるけど、
私は同意しかねる。
田舎もんなうちの場合和食が主なので、ごはんがないと献立全体のバランスが崩れる。
それは即ち一回の食事が美味しくないということにつながり、また、楽しさも減ってしまう。
洋食が好きなお宅でも、パンがなきゃやっぱつまんない食卓になっちゃわないかなあ。

持病の関係で本当に制限を強いられる人以外は、ラーメン食べる回数を少し減らすとか、
昨日大盛りの天ぷらうどん定食食べたから今日はちょっとごはん少な目にしとこか、とか、
そのくらいでいいのではないかね。

おかずばっかり食べてる人って、米ばっかり、或いは麺・粉類ばっかり食べてる人と同様、
食事そのものには興味がないんかな、と、不思議な心地になる。
先の事は知らんが、何やかんや言うて飢死する人など滅多にいない国ですぜ、日本は。
ばっかり食なんか、歪んだ贅沢でしかない。


PageTop

女性は、結婚したいと願うんだったら、出会って三回目のデートにノーメイクで行くべき。
それで特に態度の変わらない人が縁のある男性だ。
鈍感な相手ほど長続きする。

PageTop

素手

若さってのは、やっぱりすごいと思う。
例えば何でも素手で掴めること。

血を流すかもしれん、火傷するかもしれん、凍傷だってある。
でも、素手で立ち向かおうとする。

二度と若くはなれないが、たまーにそんなことを思っては、おのれを鼓舞する婆である。

PageTop

ヒロシマ

オバマ大統領の広島訪問。
資料館における時間が短かったことや、スピーチに対し、被曝者の方々の中には不満、
また、御家族を失った方々も割り切れない気持ちを感じたかもしれん。
当然だ。
私らには想像もつかぬ地獄を見、ままならぬ身体と闘いながら、生き抜いてこられた方々。
貴重な貴重な存在である。
ほんとうに有難い存在である。


でも、感動したよ、私は。
現米大統領が実際に足を運ぶ、資料館に行く、それだけでも世界にアピールできる。
日程ギリギリの中での訪問に時間を割いた、それだけでも意味は大きい。
ここからだな、って。

たとえはじめの一歩でも、まずは始めなきゃどうにもならん。

PageTop

未来

味噌汁用の豆腐を買い忘れていたのでよたよたと徒歩5分のコンビニへ。
表通りからつながる細道を、小学生の群れが元気よく下校して来た。

私の住まいは小学校と近く、窓を閉めていてもチャイムが聞こえる。
かつてそこで伜が放送委員をしていたときなど、お昼になると、
「今日も感謝して給食をいただきましょう」
「食べ終わった食器はきちんと決められたカゴに入れましょう」
という奴の声が聞こえてきて、
「てめーが率先してやれよな、家でもよ」
と苦笑したものだ。

まだ真新しいランドセルがやたらでかく見える子。
キャッキャキャッキャ騒いでるその背中に、
「おーい、道いっぱいに広がるなー、クルマが来るでー!」
後方から落ち着いて注意する大きい子。
「こんにちはー、おかえりー」
と、かける声もかき消されるくらい賑やかだ。


人は、自然の力には、勝てない。
でも、やっぱり、この子らが、いついつまでも幸せであるよう、願わずにはいられない。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。