FC2ブログ

茅屋雑記帳

ボンクラ主婦きすけの気ままな日記

たぶん

「今は創を治すのが大事です、ゆっくり考えましょう」
先日の診察にて、いつもの優しい口調で先生はそう仰ったが、ちらり匂わせてらした。
先に抗癌剤治療→続いてホルモン療法という方針。
「抗癌剤治療については、あなたが80歳を超えていたなら当然お勧めしません。
ですが、きすけさんはまだ56歳なので…」


似たような言葉を、ずいぶん前にも聞いた憶えがある。
脳動脈瘤の手術をしたときだ。
「あなたが77歳なら経過観察とするが、47歳からそれを続けることの負担は過大」
結果、うまくいった、だから今もこうしてちゃらちゃらブログなど書いていられる。
当時だって既にトシくったな感は覚えていたけど、やはり若かったと思う。
自分の寿命ってことに対し、どこか緩衝物があるような鈍感さで以て決断できたから。


抗癌剤か…。
外見なんかはまあいいよ、はげになろうが、眉毛・睫毛が無くなろうが。
ただ、体内の健康な細胞まで殺しちまうその副作用に苦しむ人が身近に何人もいた。
その挙句、再発しちゃったなんて場合さえ。
私の身体はそれに耐えられるのかな。
今以上ゴロゴロ寝たり起きたりな生活になった時、私の気持ちはそれに耐えられるのかな。

実際がとこ、乳癌って、ほんとうは完治するわけじゃないもん。
出来場所にもよるが、切れば終わりでなく、事後いかに転移・再発を抑えてくかっつう病。
ゆえに、その人の生におけるのちの主題ってもの自体、変わってしまう気もする。
化学療法の副作用に耐えつつ体内の癌の芽と闘い、いけるところまで長生きするか。
または化学療法に頼らず、体内の進行無視でフツーに過ごし、転移・再発を容れるか。

前者を選択し、乗り越え、元気になる人も多い反面、効かずに亡くなった知人も。
後者を選択し、フツーに長生きした人もいそうだが、その比較には意味がない。
大体、化学療法がない時代に罹患した人だと選択すらできんわ、統計も残っとらんし。
昨今になり、自然療法に委ね若くして亡くなった人々のことが世の話題にも上るので、
注目されかけてきたに過ぎない。

その人の生におけるのちの主題ってもの自体、変わってしまう気もする、などと、
ついさっきやたらエラソーなことを書いてしまった。
けれど、自分の生の全うの仕方をどう考えるか、結局はその一点に尽きるのだろう。



たぶん、ホルモン療法のみでいくと思う。
元々の持病との関係上、それだってずっと継続できるかどうかはわからないが。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する