茅屋雑記帳

ボンクラ主婦きすけの気ままな日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

おっさんおばはん伊勢志摩ドライブ

目が覚めたら、しぐれ模様の陰気臭ーい朝。
んでも、どっかへ行きたいねー、となり…。
お腹を冷やしちゃまだまずかろうというので、比較的温暖な伊勢志摩へ。
向かうにつれお天気もどんどん良くなっていくのがうれしい。

まずは鳥羽、石鏡の『西村食堂』を目指す。
新鮮な魚を豪快に食べられるってことで、ライダーにも人気のお店だ。
お腹を冷やしちゃ云々と言っときながら食い気優先、この矛盾は、ま、ほっとく。
師走のせいか遠来の客はおらず、賑やかに語らう地元の人達の間へ潜り込めた。
珍しく待たずに入れてラッキー!

お願いしたのはお造り定食@2,500円也。
我々にとっては滅多に出せぬ金額だが、ウソー!な量・種類の魚介お造りの他に、
タレ和えのイカ、海老フライ、一寸とろろをあしらった鰺のなめろう、鰤のあら炊き等、
本来なら単品オーダー相当のおお!な皿が次々にサービスで出てくる。
いやもう、堪能どころの騒ぎではない。

パールロードで石鏡に来る少し手前には『中山養殖場』もあり、
「帰りにはここの焼牡蠣をおやつにしよーっと」
なーんてほくそ笑んでいたのだが、とんでもねえ。
何時間経ってもお腹が減らず、おやつはおろか晩御飯まで一人さみしく見送った。
ああ、早く元の大食おばばに戻りたい!


食い意地の話はさておき。

美味しいお魚をありがとう、と腹をさすりつつすぐ先の鳥羽展望台に寄ったら、
売店に漁師さんがいらしたので、カシワ手を打っといた。
何者や、みたいにまじまじと見上げていた坊やの背中もシブい。
鳥羽一郎

一口飲めばたちどころに『兄弟船』を唸りたくなってしまうという銘酒も置いたりまっせ。
兄弟酒

展望台から見渡した太平洋。
運が良ければ富士山も望めるそうだ。

鳥羽展望台・太平洋



この後、R260で志摩市の大王埼灯台へ。

灯台近景

離れて観たほうが美しいな。
灯台遠景


灯台へ続く小道にある『東洋一』という気宇壮大な食堂。

かなり年季の入った“看板娘”が迎えてくれる。
これはな、むかあし昔、春川ますみにシビレた先々代がな…
おっと、勝手に物語を作っちゃいかん。
東洋一


灯台近くの波切漁港で静かに憩う船。
波切漁港

「♪ ふーゆーがー 来るまえーに もういちどー あの人と めーぐりあーいたいー」
それでも冬が来ちゃったら、みりん干しを食って新たなめぐりあいに備えるが吉。
(何だか唐突だが、人影少ない海辺を見ると、私ゃ不思議にこの歌を思い出す)
みりんぼし

ゆかしい蒲鉾屋さん。
小柄なおばあちゃまが置物のようにちょこんと座って店番してらした。
蒲鉾店



さて、名残惜しいがそろそろ行くべか。


帰りに通りがかった『赤福』二見店。
大戸を立て、ひっそり静まりかえっているのを実際に目の当たりにすると、複雑。
赤福二見店


貸金業者のチン妙な広告看板。
いろんな意味でおいおい…。
褌看板


神宮さんへはついで寄りでなくきちんと参拝しようということで、今回は見送り。


宮川橋を渡ると、こちらも老舗の『へんばや』が。
夕風に暖簾がはためいていてほっ。

地元では日常的に馴染んだ味としてこの『へんば餅』を挙げる人も案外多い。
(
おとんは伊勢生まれ)
へんばや


冬の日は見る見るうちにとっぷりと暮れ、この後はただ家路を急ぐ。
あー、楽しかった。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。