茅屋雑記帳

ボンクラ主婦きすけの気ままな日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

大好きな池波正太郎の『仕掛人・藤枝梅安』シリーズ。
『鬼平』・『剣客商売』シリーズ、『真田太平記』と共に何度読み返したか知れない。

その『梅安』シリーズの仕掛人、吹き矢の名手・彦次郎の台詞に、こんな言葉がある。
(女というものは)うそが人のかたちをしてやがるのだ」

初めて読んだのはまだ学生の頃、ガキ臭芬々の甘ったれな馬鹿だったが、それでも、
「上手いことを言うもんだなあ」
ひどく心に残った。

実際、軽い嘘ならババアになった現在でも日常的についている。
“見栄”とか“世辞”とかいう名の。
が、反面、嘘に対して恐怖感を覚えるようになるのも事実だ。
年を食えば、一つの小さな嘘が雪だるま式に膨らんで結句おのれ自身を苦しめることになる、
そんな経験も重ねておるゆえ。

そして、またまたその反面、でかい嘘をつけぬ女は器がちまちまちっぽけなのも事実だ、などと、
西の山脈に沈みゆく夕陽を眺めつつ思ったことであった。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

良かった・・・(涙)

ほんとにひと安心させて頂きました^^

どうぞこの年末年始、ご自愛下さいね!無理は禁物!

ひろ | URL | 2013-12-09(Mon)19:33 [編集]


ひろさん

こんにちは、いつもいつも温かなコメント、ありがとうございます。

若い頃からあまり丈夫なほうではなく、体調不良だ入院だ手術だとごちゃごちゃあったのですが、四十五歳を境に(考えてみればちょうどこのブログを始めた頃ですねぇ…)、やたら頻繁になってきやがりwました。
自分の肉体であっても、そしていくら気を付けていても、身体の不具合についてはどうしようもないってのが事実。
けれど、心は自分でコントロールできるはずなので、ぐじぐじ囚われちゃうのはつまらんなあ、などと、能天気かましとります、数年後の五十五歳を境に今度はスコンと丈夫になるかもしれませんし(笑)。

きっつい寒さはこれから、ひろさんもどうぞどうぞ御自愛下さいまし~。
深謝合掌。

きすけ | URL | 2013-12-10(Tue)01:10 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。