茅屋雑記帳

ボンクラ主婦きすけの気ままな日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『ちりとてちん』は甘美に痛い

『ちりとてちん』を観ていると、セピアに変色した写真がばらばら降って来る。
うがーっ、やめてくれー、な気持ちになることさえある。

水曜放送の、清海に理不尽な八つ当たりをする喜代美のみっともなさときたら…。
現実には喜代美みたく派手に爆竹鳴らしちゃう人など滅多にいないだろうが、
心情そのものに対しては思い当たるフシが色々。
A子ちゃん、あんたはなーんも悪ぅないんやに、ごめんな、堪忍したってな」
と、結構な数のおばさんが列島各地のお茶の間で代わりに頭を下げてたんじゃないか。
セーシュンってやつぁよぉ、ほんと無様で卑屈に湿っててそのくせしゃらっと傲慢で、
いやはやまったく『・・・・・・』だぜラララライ!ラララライッ!!

このようにひどく赤面しても不快じゃないのは、徒然カルテットに依るところが大きい。
草原・草々・小草若・四草が別の意味でセピアな気分を盛り上げてくれるのだ。
どいつもこいつもなーんか変で、んでもなーんかそれなりにまっとうで、ああいたいた、
こゆ子、と、同級生の姿が次々によみがえってくる。
四草の
「死んだらええのに」
「夕陽に溶けて無くなってしまえばええのに」
というきつい台詞には毎回プッと噴くが、そう言う四草も言われる小草若も愛おしい。
四草はグサグサ皮肉を呟きつつも、チャリの後ろに小草若を立ち乗りさせてたもんな。
嫌いならほっときゃいいのに何故か常にくっついて行動してんの。
草々は刑事さんになっててびっくらこいたものの、草原兄さんは家業を継いだんで、
実家に帰るとたまに会える、昔と変わらずあったかい笑顔だ。


で、草若師匠なのだが…。
以前、某掲示板の教育系カテゴリーで活躍されていた先生を思い出す。
顔も知らず文を拝見していただけなのに、そのお人柄と通じる気がして仕方ないのだ。
師匠が草々へ向けた、
「相手を見て、言葉を選んで、ものを言え」
という台詞には、特にはっとした。
言葉のみで繋がる掲示板の世界においてそのことを実践していらしたからだ。
ボンクラ婆が偉そうに言うことじゃないが、甘やかすとか気を遣うとかいうのでなく、
まずは意が伝わらなかったら何もならないし、人を指導することなど難しいわけで、
それは“先生”と呼ばれる職に就いておられる方の基本ではないだろうか。
勿論、掲示板の利用には様々なスタンスがあって当然、“先生”だからといって、
現実を離れてまで“先生らしく”在る必要などさらさら無い。
ただ、いつも草若師匠の『一杯のお茶』を振舞っていらした方だったなあ、と、
勝手にしみじみ思うだけのことである。
そう言えば、
「文は人なり」
度々こうおっしゃっていた。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。