茅屋雑記帳

ボンクラ主婦きすけの気ままな日記

秋近し

二十六日は冷たい雨が降り、昼間でもエアコン無しで室温24℃という極端な下がりよう。
二十七日はまた暑くなったけれど、心なしか空が高く感じられ、空気もからりとしていた。
日付が変わった現在は、窓から涼風が入り、虫の声も心地良い。

先日帰省した際、
「おかん、甚平ってまだ取ったる?

幼稚園のとき、夕涼み用にっておとんとお揃いで作ってくれたやつ」
伜がおかしなことを訊くので押し入れの衣装ケースの中を見てみたら、あった。
おっさんのと伜のかいらしい子ども用の甚平が一緒に重ねて出てきたわ。

「お、やっぱり物持ちがええな、これ、もうてくわ」
そんなちっさいのんどーすんねん、と思ったが、持って行くのはおっさんが着ていたものの方。
「夜にちょっと近所のコンビニまで行くんにええし」

だそう。

藍の地に秋草と虫を散らした柄で、私自身が風流だといたく気に入り、買いもとめた布だが、
おっさんは甚平を家着にしないため、伜のサイズが合わなくなるや共にしまい込んだのだろう。
「おとうさんのやと、きもち丈短いし、はよ言えば新しいのん作ったったんに」
伜の身体に当てながら言ったところ、
「いや、これがええねん、おとんと散歩したとかいろいろ思い出もあるしな」
とのこと。

普段は顔に出さないが、伜が向こうへ戻った日の夕、風呂上りに、
「あれもほんま大きなったもんやなあ」
今回はおっさんがしんみりしていたようだ、やーい()

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する