茅屋雑記帳

ボンクラ主婦きすけの気ままな日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

付き合いの悪い人

先日。
かつてPTAやら子供会やらの役員でお知り合いになったAさんより、会食のお誘いがあった。
 
「みんなで久し振りに集まらへん? てことになったんやわー、きすけさんもどう?」
“えっ?”と吃驚、うちの家電番号なんぞようもまあ覚えてらしたもんだ。

年中暇な私なれど、当日はたまたま大切な行事にかちあっている。
欠席の旨、丁重にお伝えしたところ、
 
「あ、そう。

きすけさんって、昔から『付き合いの悪い人』やったもんね。
わかりました」

と、返す。
『付き合いの悪い人』

些かむっとはしたが、今に始まったことじゃねえもんな、受話器のこっちで苦笑い。


役員の一人として、ボス的存在だった彼女と身近に接していた当時。
学校選択制の話が持ち上がる中、問題だとやたら声を張り上げ、でも役員皆が避けていた、

市教委との会議。
また、元は余所者の私にはぴんと来ぬ、それこそ役員皆が最も避けてきた差別関係の会議。
『付き合いの悪い人』
である私は、代表として、いつも一人で送り出された。
うむ。
 
「仕事が忙しい」
ってのを理由にされれば、外でカネを稼いでいない専業主婦は、嫌な任とて負わざるを得ん。
(
でもさ、いちお、内職はしとってんで、せいぜい月2~3万円程度の収入でしかなかったけど)

んで。
出て行った以上、意見を求められる。
たどたどしくはあるが、私なりの意見を述べる。
そして、否定される。
後者の会議の場合、ときには、人格までも危ぶまれる。
全ての要望を受け入れることがお約束の世界、わりと辛い流れだったんだが、しょうがない。
私には、私という、ちっぽけな一個人の思いをふり絞って言を発する事しかできないから。


当然、私の言は、何の役にも立ちゃしなかった。
結句、さほどあからさまではなくとも、Aさんをはじめとする地域の役員方の失望は受けた。
『付き合いの悪い人』
がしゃしゃり出たところでやっぱりねえ…みたいな。

ちょっと、やりきれんかった。
私の意見が何の役にも立たなかったことに対してではなく、“しゃしゃり出た”と評されたことに。

『付き合いの良い人』

たちは、
『付き合いの悪い人』
を盾にして、ものを言う。
あくまでも、“他人”の失敗として、冷徹に御立派な言を述べる。
おのれの意見を述べつつ内職のクセでできるだけ几帳面に取った会議録さえ、仇になった。

私が“行間を読む”という一見ステキな言葉を忌むのは、そんな経験ゆえのことかもしれない。
自身の失敗は失敗でいい。

が、あんた方が埋める行間なんかでなく、まずは発言そのものを見つめてくれよ、と、思った。
あれこれと交わされたいろんな人たちの言葉こそを、まずは冷徹に見つめてくれよ、と。



うげげ、クソババアの愚痴になってしまいましたな。
だが、私は、損をしたとは思わない。
『付き合いの悪い人』
と言われ、それなりの役目を振られるぶん、普段は触れることのできぬ“世の中”を垣間見た。

加えて、こんな自分に付き合って下さるひとのあたたかさに涙できる、まっとうな心境を得た。



生きざま云々を問われたら、項垂れるしかない。

私は、なにも、していない。
それでも、私の人生に、徒労はない。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

きすけさん、こんにちは!

「付き合いの悪い人」・・・
読ませてもらって、色々考えちゃいました。
私もそうかも・・・って(笑)

世渡り上手が「付き合いの良い人」なのか?
はてさて・・・
それなりに、軽く言っちゃえば「ママ友」付き合いですよね。

私自身、腰の重い付き合いベタな人間ですが、そんな者でもいい友人に恵まれ、なんら恥ずべきところなし!って、妙な自信を持ってる今日この頃。

言わせてもらえば、なんのポリシーもなくただただ交友関係が広い人って・・・・・・・・・

信用できないんだも~ん(笑)

文字だけのお知り合いですが、きすけさん・・・素敵な頑張り屋さんだと思ってますよ(らぶ♪)

ひろ | URL | 2013-08-02(Fri)17:44 [編集]


ひろさん

こんにちは、コメント、ありがとうございます。
広く浅くなお付き合いも決して悪いことではないと思いますが、ひとりぼっちでいたくないというそれのみのためのお付き合いは結局無理を生じるような気がします。

文字だけのお知り合い、でも、御縁が無ければ出会えなかったひろさん。
しみじみと感謝申し上げますです(照)。

きすけ | URL | 2013-08-02(Fri)21:05 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。