茅屋雑記帳

ボンクラ主婦きすけの気ままな日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

スパッといきまひょ

当地は昨日梅雨明け宣言があったわけで、さっきふと温度計を見上げたら室温34℃、
こんな中で大相撲中継を観ながら熱いほうじ茶なんか飲んどる私は一体なんなんだ、と、
自身にツッコミを入れたくなった。
ただ、
「大砂嵐~、腹が減ってもがんばれよ~」
などと声を張り上げていた場内のおやじ客、そのツッコミはお気楽でダサすぎるわ。
明日からラマダンって、どんだけ過酷だと思っているんだ、本当に大丈夫なのかなあ。


大砂嵐には申し訳ないが、夏のひとり昼ごはんはつい素麺でも、と、なる。
また、晩ごはんも、冷奴、冷やしトマト、胡瓜もみ等、ひんやりさっぱりした副菜が食卓に上る。
どれもまことに簡単なものばかりだが、やっぱり包丁だけは使う。

で、大変重宝しているのがこれ(デジカメが逝ってしまわれたのでメーカーさんの画像を借りた)
電動包丁砥ぎ器
ずいぶん前に生産終了となっているようだが、新婚当時に買った電動包丁砥ぎ器である。

包丁は十日に一度くらいは砥がないと、胡瓜も薬味の葱や茗荷などもまな板の上でつながり、
トマトも見た目が汚くなる。
まず何より危ない。
なまくらな包丁は余分なところに力が入り、素材を滑らせて怪我をしやすいのだ。
トマトのようにつるんとした柔らかいものだけでなく、南瓜に対しても相当困る。

砥石はハードルが高そうで、実家の母を見習おうともせず安易に器械へ走った新米主婦だが、
刃を軽く当てて引くだけで簡単に切れ味が戻るし、何よりいまだピンピンと現役なのである。
これほどお得で頼もしい利器も珍しかろう。

壊れてしまったら砥石を使うようになるかもしれないが、夜中には厳禁だな。
昔話の山姥と間違われかねん。


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

きすけさん、こんばんは!

ほんとに毎日暑くて暑くて、嫌になっちゃいますね。
夏本番はこれからなのに、先が思いやられます。

で、この包丁研ぎ器・・・わたくしも持ってるんです~
オソロでなんだかうれしいです^^
包丁の切れ味が悪くなったら、研ぎ器でブィーーーンっとな。

この夏も暑さに負けず、がんばりましょうね、お互いに♪

ひろ | URL | 2013-07-09(Tue)21:44 [編集]


ひろさん

こんにちは、コメント、ありがとうございます。

いやもう実にあっついですねー。
冷房病になりやすい体質、昼間は水分補給に気を配れる分むしろ凌ぎやすく、いつも主人が帰る頃を見計らってエアコンを付けるのですが、昨夜~今朝はそれこそ山姥が包丁砥ぎそうな時間になってもなかなか気温が下がらず寝苦しかったため、早朝までかけっぱなしになってしまいました。
主人はもとより隣でグースカ寝ていたババアが朝起きたら干物になって転がっていた、という事態もちょっとナンですし、致し方ないことかもしれません(笑)。

ところで、この砥ぎ器、ひろさんも御愛用でしたか、WAO!と突然ユニコーン。
これ、かなり古い製品だというのにとても使い易く、しかも丈夫なスグレモノですよね。
ひろさんのおっしゃるブィーーーン、爆笑です、そうそう、昔気質に些か音が大きかったりするのがご愛嬌。
クソ暑い中、葱なんかが下の薄皮一枚残してだらしなくつながっちゃったりすると余計脱力ですし、今日もブィーーーンでスパッと気分よくいきまひょ(笑)。

お身体、どうぞお大事になさって下さいね。

きすけ | URL | 2013-07-10(Wed)08:34 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。