茅屋雑記帳

ボンクラ主婦きすけの気ままな日記

あたしんち

立春を過ぎた頃から、右の下肢がひどく痛み、
「なんなんだよこれ、めっさズキズキうざっ」
と、困っていた。

ま、神経痛他色んな障りが出てくるのも必定な年頃ゆえ、自然現象なんだろうとスルー。
そのうち、右の太腿に目立つ吹き出物ができても、
「なんなんだよこれ、めっさブツブツうざっ」
湿布薬にかぶれたものと立腹、ついでにヘラヘラかになんかを貪り食っておった。

だが、ブツブツは、湿布薬など貼っていなかったところにまで及び、さらに元々の、
「なんなんだよこれ、めっさズキズキうざっ」
な症状もきつくなる一方。
結局、昨朝、おっさんが、ホームドクターのもとへ連れて行ってくれはった。
貴重なお休みなのに…申し訳ない。

先生の診断は、帯状疱疹。

「きすけさんなあ、痛い思たらすぐ来てくれやんと。
 
普通やったら入院せなあかんとこやってんで、あんたようここまで我慢しとったもんやわ」

叱られてもた。
どうやらピークは過ぎてくれていたらしく、パルトレックス他の内用&外用薬を頂き、帰宅。

けれど…。
阿呆な婆の結果論ながら、私としては、あたしんちで遣り過ごせたことに手を合わせたい。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する