茅屋雑記帳

ボンクラ主婦きすけの気ままな日記

ものは考えよう

ここ半月ほど、所謂“しぶり腹”というのに陥っておる。
ま、腸の器質的な持病のため、二十数年に亘り頻繁に付き合ってきた慣れっこの症状だし、
私の場合、下の問題よか上からの緑黄色の嘔吐=イレウス=即入院になっちまうわけで、
それは最も避けたい流れ。
今んとこ家でじっとしていればいいだけの状態ゆえ、深刻ではないとわかる分、ラクだ。
実際、イレウスってのは好調な時でも突然来たりするんで、結局のところ何とも手立てがない。
ものは考えよう、その兆候を知らせるシグナルとして受け取れば、うっぜー“しぶり腹”だとて、
利に変えられる。

むろん、いつまでこんな不活発な暮らしを続けるのやら、と、げんなりはする。
これでメニエルなんかが重なると、鬱に近い心持ちになる日も稀にある。
けれど、この程度の悩みなど誰しもが抱えておろう、別段身体の事柄に限った話でなくとも。
ものは考えよう、こうしてぶつぶつ言えること自体、たいへんに幸せなのだ。

うむ、陰気になってる折じゃねえ、明日どんな面白い出来事が起こるかわからぬではないか。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する