茅屋雑記帳

ボンクラ主婦きすけの気ままな日記

新年でござる

もう三日になっちゃってますが、明けましておめでとうございます。
皆さまの御多幸をお祈り申し上げます。
こういう節目の御挨拶は、一応、真面目に、心より、お祈り申し上げておりますです。
良い一年となりますよう。





それにしても。
伜がいると、騒々しいったらない。
わーわー喋りまくり、げらげら笑かされ、普段あんまり使っていない口回りの筋肉が疲れた()

「んじゃ、おかん、寝るわ」
隣の自室へ行くも、反抗期の頃は閉めていたドアも開けっ放しでグースカ。
「四月には社会人か…この子がなあ…」
不思議な心地になる。



ところで、電話機は、大晦日の夕、もう届いた。
はやっ!
電話機
そして、ちっさっ!
比較対象に偶々手近にあったお酢を置いたが、前の電話機の受話器だけ、てなサイズである。
それでいて、機能自体は殆ど同じなのな。



よくよく考えてみれば、私は、子どもの頃には想像もつかなかったたくさんの便利な物に囲まれ、
日々を暮らしている。
パソコンだって、そうだ。
それらのある時代に間に合った、ってか、生きている有難さを、思う。


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する