茅屋雑記帳

ボンクラ主婦きすけの気ままな日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

お金あれこれ

早くも師走でございますか。
某颪の虎落笛を聞く度、我が身に差す貧乏臭い影も濃くなってまいりますわえ。

無理矢理感いっぱいながら、貧乏臭いつながりってことで、小銭。
小銭
左上から順に、百円玉、五十円玉…見りゃわかるわな、以下略。
(
薬用陶陶酒デルカップの空瓶ってとこも貧乏臭いが、手足ばかりか腹まで凍える虚弱体質、
たまに飲用すると結構効く)

近年、諸事情によりネットを頼った買い物が多くなり、いつも代金引換でお願いしているため、
宅配の方におつりなしでぴったりお支払いできるよう、このように小銭を用意してある。
きわめて役立たずな者だけに、人さまに余分なお手数をおかけするのはなるべく避けたい。
だいたい、何事によらず昨今蔓延る、
「仕事なんだから、して“くれる”のが当たり前」
てな考え方は、それこそ貧乏臭くていかん。
人間を、ひいては社会全体を、一層つまらなくさせる風潮だ(おつり程度の話からまた大仰な)

さて、上に姿のない五百円玉は、というと、別途保管、ちまちま貯めて(貯めようとして)いる。
ずっと以前にも記事にしたが↓はそのときの画像。
壺2 

元々は、何かの足しに、とか、それなりに貯まったら旅行でも、くらいの軽い気持ちで始めた。
が、結局、急な検査やら入院やら、緊急時の風と共に去りぬ、なかなか増えてくれない。
現在はこんな感じだ(でらピンボケ)
はよたまれ 

たかが、五百円玉、なんだろうな…。
でも、チャリン、という音と共に貯まってゆくのをこの目で見るのは愉しい。
また、やむなく、ザラザラッ、という音と共に取り出し、空になった様をこの目で見るのは淋しい。

ところで、私は、カードというものを持っていない。
割引や特典があり色々お得なのはわかっているし、ネットでの買い物にしろ便利に違いないが、
五百円玉の如く、遣った際に遣った分だけお金が減るのをこの目で見なければ不安なのだ。
後からの決済は、借金と同じに思える。
何より、“クレジット”の名の通り、私は自分自身をあまり信用していないのかもしれない。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。