FC2ブログ

茅屋雑記帳

ボンクラ主婦きすけの気ままな日記

とにかく元気で

『平清盛』、初回からずっと見ており、悪くないと思うんだが、何で視聴率低いんだろ。
オープニングは特に好きだ、投げられた賽の映像で曲が終わるところなんか実に心憎い。
昨夜の、義朝と正清が差し違えての最期にも、ずーん、やったわ。



そんな前置きはともかく。
連休に関係なくおっさんは出張中である。
ま、平日に取れる代休を使って人間ドックを受けてもらおうと独断で予約しておいたため、
むしろ有無を言わせず事を運べて良かったかもしれん。


大昔、CMの有名なキャッチコピーで、
「亭主元気で留守がいい」
てのがあり、主婦の本音の丸出しぶりが話題になった。

だが、私は、上手いなあ、と、感心した。
このひとことがウケたのは、日々の暮らしに狎れ、倦む、夫婦関係のさまを表しただけではなく、
お給料を運んでくれればそれでいい、という、“たんすにゴン”らしい主婦たちへの皮肉でもなく、
(
あら、おまえこそ亭主に寄生している婆虫のくせに、でしたか、ごーめんなさーいねー、っと)
古川柳を思わせるおかしみ・やさしみが漂うからであろう。

そう、これは、あくまでも、
「亭主“元気で”留守がいい」
なのだ。

考えてもみよ、古畳なかーちゃんたちが、
「亭主いつでもそばにいて」
などと言ってどうする、めっさきしょいやないか。
言われたとーちゃんたちだってうんざりするわ。


そりゃあ、暑い中、汗まみれのワイシャツを背中に貼りつけ乍ら頑張ってはる姿を思い浮かべ、
「亭主元気ではよ帰れ」
と、切なくなったりもするんだけどね。


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する