茅屋雑記帳

ボンクラ主婦きすけの気ままな日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

こそ

季節の変わり目というのは、妙なことばかり思い出す。
いつもの話か。


伜を出産するにあたり、実家から、彼の従兄姉たちが使っていたベビーベッドを借りた。
だが、お乳を飲ませ、げっぷさせ、腕の中であやしつつ寝たのを確かめベッドに戻した途端、
忽ちふぇーんと起きてしまうし、眠りについてもすぐまた夜泣き、と、一晩中、その繰り返し。
しょうがないのでベビーベッドはさっさと返却、親の布団にベビー布団をぴたりくっつけて敷き、
てれーんな添い乳に変えた。
以来、げっぷ後そのまますんなり寝入ることが多くなり、夜泣きも幾分減った。

赤ちゃんの手って、可愛い。
ほんとに、ほんとに、可愛い。
一寸の暇にも、つい、小さなそれを自分の左手の上に乗せ、右手で掌をそっと撫でてしまう。
坊も何だか心地良さげだ。
実際、ぐずりだしたときそうしてやると、次第に落ち着き、すやすや寝息を立てた。

二歳になると、親子三人所謂“川”の字で寝た。
布団を並べて敷いても、
「ぼくもっ!」
とばかりに、親の間へ割って入ってくるからで、狭苦しいったらありゃしない()
おっさんは比較的寝相のいい人間なのだが、坊と私は最悪。
夏場など、寝しなは“川”でも、気付けば“に”の字や“K”の字になっていた。

とにかく、そんな状態で、親子三人ひとつ布団にてぎちぎち、な数年、伜は、
「おかあさん、“こそ”して」
毎晩のようにせがんだ。

“こそ”とは、上記の、掌を撫でる行為をさす。
伜は、何故か、そう呼んだ。
滅多になかったが、幼稚園で諍いでもしたのか、少ししょんぼりした様子を窺わせるときには、
念入りに“こそ”した。
喘息発作で夜中にホームドクターのもとへ走り、点滴して頂く病床でも、念入りに“こそ”した。
喘息に限らず、おたふくや水疱瘡等、子どもが一度は通らねばならぬ諸病に罹患した際は、
さすがにゆったりさせたくて、ジュニア布団で寝かせつつ、やっぱり念入りに“こそ”した。

小学校に上がり、現在地へ引っ越して、子ども部屋を与えられた後も、伜は結構長いこと、
私たちと一緒の部屋で寝たがった。
八、九歳を過ぎりゃひとつ布団などきしょい、てか無理だが、布団は相変わらず並べて敷いた。
その頃には、
「おかあさん、“こそ”して」
とは、たまにしか言わなくなったものの、
「あ、何かあったんかな?」
みたいに口数が少なく、ちょっとした懸念を覚えるときには、“こそ”した。
阿呆な母親なのかもしれんが、自身がそうしてやりたかった。
阿呆な母親だから、そんなことくらいしかできなかったし。

親の言うことなどちっとも聞かぬ、タッタタラリラピーヒャラピーヒャラパッパパラパな性格なれど、
人よりいくらか幼いところがあった子、
「俺もベッドで寝たいで、買うてなあ」
と、ねだったのは、五年生の五月、ちょうど今頃。
それからは、自分の部屋の自分のベッドで、寝るように…

…うむ、一応、そうなったんだが…。
地震雷火事嵐のときには、枕を抱え、すっ飛んで来るのな。
「おい、今さらひとつ布団で親子“川”の字かよ!」
狭苦しいどころかあまりの息苦しさに文句を垂れつつ、ぷっ。
阿呆な母親は、久々の、何とも言えぬ可愛らしさに、赤ちゃんだった頃の小さな手を瞼に浮かべ、
のんきな顔で鼾をかく奴の掌に、“こそ”などしてしまうのであった。
むろん、中学生になってからは、そんなこともなくなったが、の。


最後に“こそ”をしたのは、高校受験のとき。
無謀に過ぎる第一志望校を落ちた日のことだ。
深夜、奴の部屋に忍び込み、でかくなった掌を、起こさぬよう、気付かれぬよう、撫でた。

が、タッタタラリラ~パッパパラパな性格だけに、奴は実に貴重な三年間を過ごすことができた。
良き友と良き先生に恵まれ、勉強はともかく()、毎日明るくエネルギッシュに動き回っていた。
やはり良き友と良き先生に恵まれた、大学四年生のいま。
母校である高校へ寄せる愛は、ますます強くなったように見受けられる。


懐かしい、“こそ”。
もう、二度と、できない。

ゆえに、季節の変わり目には、些か切なくなるのである。
その幸せを、結構長いこと味わえた日々が、甘いカルピスと共に、胸の奥へ沁み込んできて。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

泣きました…最近母親になり、寝入る娘を撫でている身です。今はなんとかこの子を無事に大きくしてください、幸せに生かしてくださいと、神様でも仏様でも良いからすがりついて頼みたいです。

ハテナさん | URL | 2012-06-24(Sun)08:42 [編集]


?さん

こんにちは、コメント、ありがとうございます。

時を経てしゃべくるババアの感慨は、時を経た今現在だけに、無責任なものです。
が、子育て真っ最中の方は、赤さんの寝顔の可愛らしさに幸せをおぼえる一方、これも心配、あれも気になる、と、ついつい張り詰めてしまい、実際は心の休まる暇もないことでしょう。

>神様でも仏様でも良いからすがりついて頼みたい
?さんの切なるその祈りは、他ならぬお嬢ちゃんの記憶の奥底にあたたかなともしびとして実を結ぶ。
世間知らずなクソババアのくせにエラソー過ぎてごめんなさいですが、私はそう思います。

とかく睡眠不足になりがちな毎日、おかあさんもどうぞお身体大事になさって下さいね、お嬢ちゃんの成長をたのしみに。

きすけ | URL | 2012-06-24(Sun)17:18 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。