FC2ブログ

茅屋雑記帳

ボンクラ主婦きすけの気ままな日記

盲点

顔を洗うとき、人はどういった順序を踏むか。
水またはぬるま湯で顔全体をざっと予洗い→石鹸等の洗顔料を泡立てる
→本洗いした後、よくすすぎ、タオルで水分を拭き取って完了。
洗い方等細部については、年齢・性別・肌質・性格他により異なるが、
一般に上記の3ステップは基本的な流れとしてそう大差ないであろう。

固形、錬り、液体いずれにしろ、洗顔料はきちんと泡立ててから使うものだ。
だが、泡立てるその手が汚れていては無意味。
何が言いたいかと言えば、顔を洗うならまず一番初めに手を洗うのが肝要、
とまあ、そゆことなんである。
当たり前のことのようでいて、案外やっていない人も多いのではないか。

例えばメークをしている女性の場合、ダブル洗顔が主流である。
一旦クレンジング剤でメークを落とした後、さらに洗顔料で洗うのだが、
油性のクレンジング剤にべたついた手のひらで洗顔料を泡立てている、
そんな人を何度か見た。
手も顔も同時にきれいになる筈といった思い込みがあるのかもしれない。

学生時代、卒論研究の調査合宿のため一週間×五回、仲間と寝食を共にした。
師にこってり絞られつつ陸の孤島と言われる地を巡ったいい思い出なのだが、
その際、額に賑わうにきびに悩む友が上記のことをやっていたので、
「洗顔料を使う前に石鹸で手を洗わないと、洗浄力落ちるんじゃない?」
と言ってみた。
二週間ほど経って、
「あれ、正解だったわ、にきびが急に減ってきた」
前髪を上げて見せてくれたが、確かにずいぶんきれいになっていた。

うるさく自慢げに説かれるので(ははは)洗顔は真面目にやってきたらしいが、
少し前、ぼうずもやはりでこにきびが増えていた。
「そういう段階を経てアブラギッシュなおっさんになっていくのだ、諦めろ」
とは言ったものの、洗顔の後に洗髪していないか訊いたところ、そうだと頷く。
「それ、顔に流れたリンスのせいかもしれへんよ、順序逆にしてみ」
はたして、たまにぽつっと大きいのはできるが、小さい群生は消えた。
で、また自慢げにそらみろと言っている。

他から見れば“トーゼンだろ”な事柄でも、自分には盲点になっちゃっている、
こういうことってわんさか潜んでいるんだろうなあ、と思う。
実際、後からそれと気付かされたことだけでもぞっとするほどたくさんある。
友やガキの話を書いたのも、自身の件だと長くなり過ぎて収拾がつかぬからだ。


人は、弱点でなく盲点を突く批判ならば受け容れやすいのかもしれない。
が、作られた盲点というのもあるので、これまた難しい。
変な宗教にはまるのなんか、それにやられるようなもんだし。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する