茅屋雑記帳

ボンクラ主婦きすけの気ままな日記

ポニーテール

散髪(冗談でなく、私はここ数年来、年配のご夫婦が営む床屋さんのお世話になっているため、
気分的にこの言葉のほうがしっくり来る)へ行くのをさぼっていたら、髪が山伏程度の長さに。

早く寝過ぎて中途半端な時間にトイレ。
洗面所で手を洗いつつ、もっさりな寝起き顔が映る鏡を見ていたら、何だか目が醒めちゃった。
で、どういうわけだか、炊事の際は襟足のところでテキトーに束ねている髪をぐいっと持ち上げ、
懐かしのポニーテールなど試みてみる気になり…。

おお、短い後れ毛がいくらかぱらぱら落ちるものの、それなりにまとまったではないか。
大昔は馴染んだ時期もあるポニーテール。
どんだけぶりかしらん。

若い人にこそ似合うスタイルってのは、まさにその通り。
が、ばばあなれども、テキトーに束ねとくよりかはずっといいかも、とか思ってしまった。

長い髪って入院時だと色々面倒ゆえ、間近になったらまたひょこひょこ床屋さんへお邪魔して、
手入れが簡単な顎の線辺りでぱっつんと揃えて頂くつもり。
なので、それまでは、毎日ポニーテールで過ごしたろか、などと、分別なく呟くのであった。


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する