茅屋雑記帳

ボンクラ主婦きすけの気ままな日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

大相撲・とっても私的

お客さんの入りもなかなかであった二年ぶりの三月場所。
十三日目に勝ち越しを決めた高安は、学年こそ一つ上の早生まれだが伜と同い年だったりし、
時の流れというものを痛感させられる。

幼い頃から高校野球に馴染んだことは、以前、何回か述べたが。
実は、大相撲も好きだ。
ムスメ時分は特にはまっており、名古屋の七月場所になれば、朝も早よからチャリを漕いで、
近くの寺社が宿舎である幾つかの部屋へ稽古を見に行ったものだし、県体育館で観戦した。
わざわざ巡業を観に出かけたことも何度かある。

何かと単独行動の多かった私だが、他との行動は苦痛、と、頑なに避けていたわけじゃない、
単独行動にならざるを得なかった事情もあるのだ。
だいたいあんた、当時は若い女の子だった友人たちに
「浜松へ大相撲の巡業を観に行かない?」
などと声をかけてみたところで、誰が乗ってくるかよ。
引かれるのがオチでごわすごっつあんです。
ただ、巡業の際のほんのちょっとしたことが縁で、引退するまで毎場所番付を送って下さった、
そんな関取もいてはった。

ま、のちには“相撲ギャル”という言葉も生まれ、女の大相撲好きも隠すべきことではなくなる。
若貴の時代だ。
だが、そんな頃には私ゃ既に育児の真っ最中、主婦・人の親ともなれば、当然のことながら、
手が空いたときにTV観戦する程度の、静かな“おばファン”に変わりもしよう。
また、相撲そのものの面白さより若貴ばかりを取り上げ持ち上げるマスコミの偏った報道も、
ある意味、熱を冷ます一因となった気がする(全然関係ないけど、ある意味の“ある”って、
実際、中身はどういうものでどんな意味なんだろう、自分で使っといてナンだが)
で、お約束通り、落とすときは大喜びでこれでもか、だったしね、ほんっとあさましいわ。

それでも、ときに伜やおっさんに要らぬ豆知識を披露しつつ途切れもせず大相撲に触れ続け、
現在に至る。
三月場所は鶴竜の活躍にTV・ラジオの前でひとり歓声を上げ、昨日の大関昇進の口上も、
ニュースでめでたく見ていた。

ところで。
年期の入った相撲通は、立ち合いよりのほんの一瞬だけで、九割方勝敗がわかったという。
通には程遠い私も、以前は立ち合いよりの三秒くらいで七割方わかった。
エラソーでも事実でごわすごっつあんです。
ところが、八百長問題以降の中継再開の場所から、五割ほどに。

これも、ある意味()、いろいろと感慨深い。
 

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。