茅屋雑記帳

ボンクラ主婦きすけの気ままな日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

そういうわけで

出張帰りのおっさんが、明日はひっさびさのお休みを取れるわけで。
現在、こうしてリビングでPCをいろうとる私の後ろで、グースカ寝とるわけで。
花粉の影響か、なーんか鼾もやかましくて、それもまた、かあいそなわけで。

毎日毎日、責任者としてあっちゃこっちゃへ飛び廻り、アタマを下げる、そんな日々。
内心は…本心は、嫌やろな。

でも、そいでええんやそう。
私にすりゃ、
「なーんでおとーさんが関知してへん、あほな上の人の所業の尻拭いをせなあかんの?」

怒り心頭。
にも関わらず、彼は、
「儂は、儂の目の前にある以上、儂の仕事を完璧にやったろ、思うとんねん」
と言う。

内輪褒めで失礼。
が。
うちのおっさんって、なんなんだよ、と、思う。
かっこよすぎて声も出ねえ男やん。

それだけに。
「あなたさあ、私なんかと一緒になって、なんかいいことあった?」
ずっと、疑問に思ってきた。
申し訳なかった。


現在でも、思う。
「あたしさあ、あなたと一緒になって、何かいいことできた?」

あなたにとっていいこと。
ひとつも浮かばん。
けど、振り向けば、そこに、無防備な寝顔。
私の、宝物。



うむ、そういうわけで。
ごめんね。
私ばっかり幸せにしてもうて、ごめんね。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。