茅屋雑記帳

ボンクラ主婦きすけの気ままな日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

流行るだけのことはある

相変わらず家事をしがてら中継のある日は国会など視聴しておる地味な日々なのだが、
いや、その、小宮山厚相の答弁には、こっちが過呼吸になりそうで些か慌てますな。

てな書き出しとは無関係に話も相変わらずスコンと飛ぶわけで、昨春くらいから流行りの塩麹、
一過性のブームで終わることなく、いつしか定着したようである。
元来東北・北陸他各地で使われてきたものだし、知らず伝統への回帰に向かったのかしらん。

ま、何事によらず流行りに乗る機を逸し乗る気も失う私だが、実家の母が仕込んでみたところ、
色々重宝したらしく、試しに使ってみ、と、五合ほどを密閉壜に入れクール便にて送ってくれた。
で、使ってみた感想は、
「流行るだけのことはある」

九月のことだったため、手始めに胡瓜やら茗荷やらの季節野菜を漬けたんだが、あら、おいし。
以来、使用法をあれこれネットで検索し、お肉を漬けておいて焼いたり、半熟に茹でたたまご、
また、ぎちぎち水切りした豆腐を漬け、ぱぱっと切って出したり、主菜に副菜に大活躍である。

母手製の塩麹も年末には使い切り、今度は自分で生麹を買い求め、たくさん仕込んでみよう、
なんて思っているうちにそれが入手困難となり、自身もちょっとゴタゴタ。
ってことで、少しの間忘れていた塩麹を、この間の日曜日、地元農家の直売所にて見つけた。
塩麹 
ピンボケになってしまったが、
手作り感いっぱいの素朴なラベルも可愛い品。
売り切れだった生麹もそろそろ出回ってくるとのこと、一から拵えるのが楽しみである。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。