茅屋雑記帳

ボンクラ主婦きすけの気ままな日記

冬の困りごと

尾籠な話ながら、朝起きて、ピー。
というより、ピーの気配で目が覚める。

で。
朝ごはん食べても、ピー。
十時頃、紅茶を飲んでも、ピー。
ちっ、いまいましい、と怒りつつ、昼ごはんに粥を食べても、ピー。
三時頃、りんごを食べても、ピー。
晩ごはんにぐったぐたに煮た玉子とじうどんを食べて、あ、やっと治まった。

てな日が週に一~二度はある。
閉塞よりはうんとマシだが、この腸弱、困ったものだ。


また、静電気もうざい。
朝、着替えの際、ビリッ。
窓を開けようとして、ビリッ。
玄関を開けても、ビリッ。
おっさんと指先が触れて、ビリッ。
クルマのドアノブで、ビリッ。
コンビニのドアで、ビリッ。
飲料缶を手に取って、ビリッ。
お釣りをもらって、ビリッ。

これは、雨や雪の日以外、毎日。
さっきなんか、スーパーでキャベツを持ち上げたときまでビリッときたぞ、何故なのだ。


まあ、ピーとビリッくらいしかストレスがない生活、実に幸せな人間であるわけなんだが。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する