茅屋雑記帳

ボンクラ主婦きすけの気ままな日記

うるさい食卓

伜は、よーっくしゃべる、陽気な野郎。
ちっちゃなときから、そうだった。
今でも変わっていない。

親子三人で囲む食卓。
話はぽんぽんあっちこっちへ飛びまくるし、
「これっ、あんた、なに椎茸よけとんの?」
「わーったわーった、食いますよ食います食いますいただきます」
「ちょっと、おとん、袖、袖っ、袖気ぃつけてなぁー、醤油皿につきそうやん!」
「あんたもまあ、正月から、小言全開でめでたいこっちゃなあ(←苦笑の表情)
以前は毎日そうだったように、騒がしいことこの上ない。

が、その間にも、伜はおやじの意見を求め、おやじも言葉はそう多くないが、伜に助言し。
新年早々身内褒めで恐縮ながら、いい父子だな、と、見つめていた。

現在。
同じホットカーペ上で毛布を引っかけ、長ぇ図体を伸ばして背後にて鼾かいてやがるけど…。
可愛い顔でうたた寝しておる伜よ。
これから、ますます、沢山の壁にぶつかることと思う。
けど、いちいちめげんなや。
何かあったら、おとうさんに教えを乞いなさい。
離れて暮らすようになってよーくわかったろうけど、あんたのおとうさんは、実に立派なひとです。
あんたのこよない先達です。
何でも、訊きなさい。
私が得意なんは小言のみなんで、せめてぐっと黙っといたるわ、うむ、なるべく()


明日の朝には、もう、こいつを見送らねばならない。
つまんねーの。
まあでも、とっくによそへ放り出した野郎なんだもんなぁ。
とにかく、陽気でいてくれ、元気にやっとくれ、それがあんたの最大の長所だしよ。



あけましておめでとうございます。
本年も何卒お健やかにお過ごし下さいませ。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する