茅屋雑記帳

ボンクラ主婦きすけの気ままな日記

ケツ

まああんた、いろんな事がめっさ面倒になってしまうときがあり。
また、いろんな事が全て無意味みたいな心地になってしまうときもあり。
鬱陶しいな。

むろん、甘えとっちゃいかん。
自分のケツは自分で叩くしかない。
自分で自分のケツを叩けぬ、てか、自分で自分のケツを叩く気を失った者が、何をどう述べ、
今の自分にふさわしい表現を試みても、結局は、愚痴に終始する腐臭をふりまくだけ。
最もうざい態度だと思う、そういうの。

で。
馬鹿は、馬鹿なりに笑ってりゃいい。
馬鹿が重苦しく陰鬱な顔で沈み込んだら、それこそ周囲の迷惑じゃないか。
愛するおっさんや伜に、どうでもいいよな荷を負わせるだけじゃないか。
だったら、しれーっと、笑っとけ、馬鹿は馬鹿なりに。

実際、あたし、苦労なんかゼーンゼンしてないもん、自分のケツくらい自分の手で拭きてぇよ。
げらげら笑って。

PageTop