茅屋雑記帳

ボンクラ主婦きすけの気ままな日記

ベランダからこんにちは

台風が近付いている。
せっかちにも午後には早々とベランダの物干し竿や小さな縁台等を部屋の中へ入れておいた。
ザーザー降り出してからしまうのはかなわんしよ。

当マンションにもベランダでガーデニングをされるお宅が結構あり、よく葉っぱが飛んでくるが、
うちは、物を干すスペースが減る、と、実用一点張りな場、全く色気がない。
それでも、懐かしく思い出す。


もう十年以上も前の夏。
和室で一人正座してアイロンをかけていたら、何やら白っぽいものがすっと視界を横切った。
「な、なんだ今のは」
立ち上がってそれが行ったらしき伜の部屋を怖々覗くと、
「にゃー」
隣々室のお宅のチンチラシルバー君が。
ベランダの仕切りの下を通り、一戸置いてうちへやってきたようで、器用に自分で網戸を開け、
勝手知ったる家であるかのようにちゃっかり伜のクッションの上で寝そべっている。

そのお宅は、シルバー君に長いリードをつけた上玄関のドアを少し開けてらっしゃることも多く、
好奇心旺盛なのかしょっちゅう通路へ出ていたので、通りがかる度に撫でさせて貰っていたし、
伜などはすっかり仲良しになっていたのだが、まさか彼のほうから訪ねてくるとは。
大笑いして抱き上げ、送り届けた。

以来、彼は、度々ベランダからやってくるようになり、伜は大喜び。
奥さんはひどく恐縮してらしたが、アレルギーの関係でペットを飼うことのできないうちとしては、
短時間にせよこうしてふれあえることがうれしかった。
むしろ、世話もせずいいとこ取りだな、と思ったくらいだ。
彼が通過するお隣の御主人は、当時独身だったので夜遅くまでお留守。
後日お話ししたところ、ねこがベランダを通ることなど全く気付いておられなかったそうだ。


秋。
お互い網戸にしていては冷える頃になると、訪問もやんだ。
さすがにねこの前足じゃ重いガラスサッシは開けられない。
ただ、相変わらず通路に出るのが好きな子で、玄関側からは毎日のように会えていた。

ある日曜の朝、奥さんがチャイムを鳴らした。
泣き腫らした目で、
「クルマにはねられてしまって」
お別れをしてほしい、と、私たち母子を家の中に招いた。
お仏壇の前に置かれた小さな箱の中のシルバー君に頬ずりして、まだ小学生だった伜は、
声を上げて泣きじゃくった。

伜はそれから数年後にも仲良しだったねこと別れている。
だが、愛しいもののなきがらにじかに触れたのは、そのときが初めてだ。
現在でも言う。
「本当に冷たくなってしまうんやな、と知った」


ベランダからこんにちは。
愉快な珍客に盛り上がった、楽しく短い夏だった。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する