FC2ブログ

茅屋雑記帳

ボンクラ主婦きすけの気ままな日記

夏の終わりのあれこれ

いやもう、ネットというのは、なんてありがたいんだ、と思う。
私のようにちょっとしたことですぐ体調を崩しては引きこもる軟弱クソババアにとってみれば、
自分を世間様の中に引き上げてくれる唯一の“蜘蛛の糸”だと言ってもよいよカンダタ。
それに、一生行くことはないであろう遠い国の現在の様子にだって嬉しく想いを馳せられるし。

反面、ネットの罪、というのもある。
人をただの野次馬から無意味にエラソーなリポーターへと変えた。
先日の紳助氏の件でもそう。
叩きや穿ちを繰り返すことで、さも自分が上に立ったかのような気分に浸っているのかね。
そのナニサマぶりの安さには笑ってしまう。


ところで。
昨日の代表選は、ラジオで聴いていたのだが、民主嫌いの私にも意外に面白く感じられた。
最初の演説では、国会答弁じゃいつも眉間に皺を寄せ、頷きとメモに終始する鹿野氏の、
常とは違う熱さに、ほお、と驚いたし、決選投票に縺れ込んだ野田・海江田両氏の後演説も、
なかなか勉強になった。
いかに人の心を打つ演説をするか、において。

野田氏のそれは、上手かったな。
まあでも、いくら人の心を打っても、国益に奔走する総理じゃなきゃどうしようもない。
総理は、このちっちゃな日本国を、しゃらっとした誇りで以て動かす人であって欲しい。
どうかな。


さっき、ツクツクボウシの声を聞いた。
すんげー蒸し暑いけど、夏ももう終わりなのかな、と、耳を澄ませた。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する