茅屋雑記帳

ボンクラ主婦きすけの気ままな日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

何故か違う

今朝、数少ない友の一人が来訪。
先日、偶々銀行でばったり会い、地域のバザー用に手作りの品を出さなきゃならないのに、
自営の仕事が忙しくてやってられない、と、焦り気味に話すので、
「んなら、ひま人の私が何とかしましょ」
キッチンミトンや化粧ポーチ等、何点か作った小物を取りに来たのだ。

で、お礼に、とヱビスの大ビンを五本渡されたため、
「家にある布で作ったんやし、余計な気ィ遣われるんやったら、これからはもうせやへん」
相変わらずの憎まれ口を叩けば、
「そういうド偏屈なこと言わんと取っとき、元々は呑兵衛のくせに」
さばさばと返す言葉に、却って彼女の深い気配りを思う。
そりゃ、私なんかと長いこと仲良くしてくれるんだもんな、こころやさしきひとに決まっとる。


それにしても、外食時以外、酒屋さんの店頭でもあまり見ないビンのヱビス、貴重だ。
おっさんとグラスに注ぎ合って有難く頂いたところ、何故だろう、缶より明らかに美味しい。
たまにビンの牛乳を飲むと、
「あ、違う」
パックより数段美味しく思えるが、ビールも同様である。

牛乳と言えば、夏場以外は温めて飲むことが多い。
面倒なんでマグカップに注ぎチン、ってのが常なのだが、何年か前、電子レンジが壊れた際、
久々に小鍋で直火にかけ温めたら、
「あれ、いつもよりうんとまろやかやん」
やはり味の差に吃驚した。
加えた砂糖の甘さとはまた別の、牛乳本来の甘みも感じられたのだ。
以来、小鍋を洗うくらいの手間を横着に惜しむのはやめ、直火で温めるようにしている。
大体、この小鍋の正式名称は“ミルクパン”なんだよな。
電子レンジのある便利な生活に慣れ、それすらすっかり忘れていた。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。