茅屋雑記帳

ボンクラ主婦きすけの気ままな日記

よいのだ

こないだちらっとだけ家に寄った伜が、ひとこと、
「あんたも家にばっかいてたらあかんぞ。
 
どっか行きたいとこがあんのやったら、ちゃんとおとんに言うやわ。
 
あのひとのことやし、“お、そか”で、すんなり連れてってくれるやん」

うむ。
そのとおりである。
かつて、あんたにそうしてくれたように、私にもそうしてくれようとするだろう。
だが、黙っとこうと思う。
とにかく多忙なのだ、このところのおっさんは。

確かに、行きたい地は、いっぱいある。
で、身体の件も含め、なかなか行けないことに苦笑したりする。
それでよいのだ。
だって、行きたい地へ行けたとしても、私が帰って来たいところは、たまに、 
「はー、どっか行きたいなあ…」
などと夢想しつつくすぶっている、この家なんだから。

何より、
「あー、家はええのぉー」
帰宅する度おっさんにそう言ってもらえる、このしあわせは大きい。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する