茅屋雑記帳

ボンクラ主婦きすけの気ままな日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

え゛ーっ

早過ぎる入梅に併せ、この皐月台風。
今現在も、雨風共にかなり激しい。

結構心配症な婆、念の為、一昨夜のうちに、
「土日やからってふらふら出歩くんやないよー」
伜にTELしたところ、
「小学生じゃあるまいし、甘いのぉ」
傍で笑うおっさん。

何を言うか。
あんたのおかんだって、胸中では今でもおんなじことを思っているに違いないぞ。
だいたいあんたら父子ときたら、
「ちょっと田んぼの様子を見に行って来る」
てなタイプの代表者ではないか。

で。
「はいはいわかったわかったわかってます、あんたこそあんまり大騒ぎせんように」
伜の奴にも軽くいなされ、むっとしたわけなんだが、そんなんはいつものことなので、まあいい。

問題は、ついでのように付け加えた、
「あ、そうそう。
 こないだ帰ったときには言い忘れたけど、俺、今月アタマからもいっこバイト先増やしてん」
という報告である。

「ほお、どんなお仕事?」
「家庭教師」
「ふむ、そーかね」

って…

え?
えっ?!
え゛ーっ???!!!
受話器を握ったまま、思わず尻餅をつきそうになった。

彼の大学は、彼にぴったり合ったところで(高校も同様だった)、親としちゃ感謝の日々だ。
けれど、家庭教師としての需要はあまりないだろう。
なのに、大胆にもその筋の派遣会社に飛び込んで面接を受け、何故だか採用されたそう。


中一男子の生徒さん・お母さまに“センセー”と呼んで頂く身となりほぼ一ヶ月。
バイトとは言え、親に対しても細かい事情は明らかにしなかったが、
「何がわからんかもわからんまんま学校で50分×6時間座っとるなんて拷問や。
 そんな辛さから脱け出して欲しいねん。
 小学校低学年に遡ってきっちりやっとるよ」
と、ぽつり。

責任は重大、冒頭の心配症に拍車がかかる。
だが、伜自らが望んで背負ったこと。
あれこれ訊くのはやめた。

ただ、ひとつだけ思うのは、
「とーちゃん似の息子で良かった」
ということである。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。