茅屋雑記帳

ボンクラ主婦きすけの気ままな日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

あったかいんです…

朝。
週の中頃遊びに来る予定だった友より、平日は急にバタバタ用が立て込んできた、との電話。
だが、おっさんが出張中で明日の晩まで私一人だと知るや、
「あっ、じゃあ、今から会いに行ってもいい?
 善は急げやし」

こっちに異存などあるもんか。
早速クルマで一時間強の距離を訪ねて来てくれた。

つい先日、最寄りのスーパーにて幼稚な姿を見せちゃったばかり、ちょっと照れくさかったが、
お互いガハハタイプのおばはんゆえ、玄関を入るなり双方おやじギャグの乱れ打ちである。
それが、もう、楽しくて楽しくて。

「○○くん()がいてたら、めっさ呆れるやろなあ」
「いや、奴ぁとっくに耐性ができとるわ。
 ときどき茶々入れてくるかもしれへんけど」
「むはははー、やっぱ今でもかいらしい子ぉなんやー。
 それにしても、ちっちゃいときの○○くんは、ほんまおっちょこちょいやったなあ」
懐かしげに笑う。

そうそう。
そのおっちょこちょいが危ない用水路で遊んでたり、チャリ飛ばしてたりてなとこを目撃すると、
「こら、○○っ! あほなことしとったらあかんやん!!」
ビシバシ怒り倒してくれるひとだったんだよね、あなたは。
どれほどありがたかったことか…。


私みたいなスカタンに対してさえ歩を合わせてくれるだけあり、彼女は性格・頭脳共とびきり。
彼女の嬢も、おかん同様性格・頭脳共とびきりで、私が怒るような場面は一度もなかったが、
会えばいつも挨拶以上の近況報告をしてくれて、返す言葉にゲラゲラと可笑しがってくれて、
「むはははー、はあとなおんなのことあれこれ語り合えちゃったわん」
爽やかな風が心を撫でた、何だかとてもうれしかった。

伜よりいっこ年下である嬢は、東京の難関大学に見事合格し、やはり親元を離れたそう。
んで、電話をする度に、
「おかあさん、ごはん作るのめんどいよー」
と、こぼすこの頃らしいんだが、ちゃんと作ってなきゃ言えない言葉。
相変わらず真面目でいじらしい子ぉやの。
おかんだけでなく、嬢の住む東方に向かっても、おやじギャグを叫びたくなった。


思う存分馬鹿話をして、思う存分ツッコミ合った、おもしれえ一日。
友よ、ほんとうにほんとうに、感謝。
あなたのクルマを見送り、なんかまた、ぽろぽろしちゃったよ、あったか過ぎて、さ。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。