茅屋雑記帳

ボンクラ主婦きすけの気ままな日記

クソババア

先月半ば、かかりつけの先生に、
「きすけさん、入院レベルの貧血になっとるでー」
結構脅かされ、
「やだやだ、入院だけはやですっ、はい!」
と、半泣きで焦ってしまった。
なかなかお医者様との縁が切れぬ。


なのにマンション内や近辺じゃ変な噂が一人歩き、それをまた御丁寧に
「○○さんたちがあなたのことこう言ってたわよ」
などとわざわざ御報告下さるお優しい奥様もいたりする。

「興味津津な面下げて訪ねて来ながらよくもまあ…。
 賞味期限二日過ぎとるけど、消費期限じゃないよってええわな。
 この人胃壁も厚そうやし」
おっさんがずいぶん前によそで頂いてきたマドレーヌを紅茶と共に出すクソババア。

二人暮らしのうえ洋菓子って好きじゃないんで持て余すことが多い。
だが、どうしよう、と苦にしていた残りの四つをぺろっと召し上がり、御親切の押し売りをし、
上機嫌でお帰りになられた。
私もこっそり要らんものを押し付けることができ、何となくせいせいした。

表向きはにこにこしつつしっかり溜飲を下げている私の神経は針金の如く強靭だ。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する