茅屋雑記帳

ボンクラ主婦きすけの気ままな日記

続・ださ…

室温26度なのにどうしてこうもがたがた震えちゃうほど寒いんだろう、と首を傾げていたが、
何のこたあない、体温を測ってみたら自分の身が38度を超えておった。
ここまで来るのは珍しいものの、暑さが収まっても午後になると何故だか毎日7度2~3分に。
平熱は5度2~3分という低体温婆、もしかしたら恋にでも陥っているのかしら…ぽっ。
と、自ら言っといてナンだが、きしょいぜ…ぽっ。

ただまあおっさんは出張中、今夜も横浜いれぶん帰宅は明晩海鳴りよりは土砂降りがいい、
炊事をパスできるという点においては助かった、さみしいけど。
で、ノートPCを床へ直置きし、布団の中でキーを打つなどという横着なことをしているわけで。
いやはや、伜には絶対見せられん姿やて。


話はいきなり別方向へ、はい、婆の特徴ね。
いつの間にか近畿アクセントに馴染んでしまったが、私ゃ名古屋の産。
現在住まうまちでは、訛っている、と笑われ、帰省すればしたで同様の指摘を受ける。
「♪ あなたもコウモリに 変わりますかぁ?」
古臭い替え歌をしょうもなく唄ってみたいところだ。

それはともかく、名古屋の人間ってのは、わりと謙虚である。
全国的に見れば結構な都会なのに、自身を田舎者だと恥じている。
今時“ぎゃー”・“みゃー”を多用する人なんか河村市長ぐらいのもんだが、アクセントは独特、
それが名古屋人の十字架となっているのかもしれぬ。

よって、地元タレントがたまたま乗れた全国ネット放送でワザトラな名古屋弁を発していると、
名古屋人はひどく赤面する。
それどころか、名古屋色を前面に押し出したローカルCMでさえあまり好まない。
自分のだささをまざまざと見せつけられるような気がするからだ。

例えば懐かしいところでは、
   【   名古屋牛乳 飲んでるのっ!
       シャチのマークの牛乳ぅをぉーっ うちじゅうみーんな飲んでるのっ!
       名古屋牛乳 飲んでるのっ!              チャチャンカチャーン   】
というCM。
何もあんた、そんな叩きつけるような言い方をせんでも…と、子ども心に思った。
実際、牛乳びんが、チャチャンカチャーン、と挑むように宙を飛んで来る映像で終わる。
その開き直り感がなおさら私をフクザツな気分にさせた。

また、寿がきやの、
   【   寿がきやうどん 寿がきやうどん うどんなーら寿がきや
       寿がきやうどん 寿がきやうどん 寿がきやうっどぉーん  どんどんッ      】
ってな、よくある商品連呼タイプのCMにもえらく脱力したものだ。
無意味にコブシを効かせた“どんどんッ”という最後のシメが非常にださい。
これを名古屋臭と呼ぶのだろうか、と考えさせられた一時期があった。

最もブルルだったのは、スカールドリンク。
これは専らラジオにて流されていたCMなのだが、
   【   飲ぉーんでりゃあすか スカールドリンク
       疲れを忘れるじょぉびいカラダ
       さあ  今日も元気いっぺゃあ スカールドリンクでがーんばろみゃあ       】
こってこての名古屋弁をこれでもかとばかりにぶつけてくる。
しかも、民放に合わせっぱなしにしていると、日に三度は聴かされた。
それなのに、このスカールドリンクってのを、私は一度も見たことがない。
薬局・薬店、スーパー、商店、新聞の折り込みチラシ、いずれも。
「飲ぉーんでりゃあすか」
などと気軽な口調でしつこく問いかけておきながら、一体何なんだよ、スカールドリンク。
今でも存在しているのだろうか、幻のスカールドリンク。
ブキミである。

このように、“ださ…”なもんは脳裏にこびり付き、人格にまで影響を及ぼそうとする。
こわい。
が、その昔、津本陽の『下天は夢か』を読んだ際、“ぎゃー”・“みゃー”言葉で描かれた信長に、
ひっそり誇らしさを感じた記憶も。

名古屋ではここんとこ『おもてなし武将隊』なる人々が話題になっているようだ。
嫌味でも何でもなく、心から頑張って頂きたいと思う。
名古屋弁って、ぱっと聞けばださいけど、その殆どが丁寧語からの転化なんだよな、まじで。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010-11-01(Mon)21:05 [編集]


Yさん

こんばんは、コメントありがとうございます。
いや、ほんと、かの“スカールドリンク”ってのは謎が深すぎて…。
あんだけ嫌になるほどばんばんラジオCM流しといて、商品自体はどこにもない。
そんなわけわからん切なさも、名古屋っぽくていいかな、と。
好きです、私は(笑)。

きすけ | URL | 2010-11-01(Mon)21:51 [編集]