茅屋雑記帳

ボンクラ主婦きすけの気ままな日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

人の呼び方

あれは何年生の頃であったか。
まだ高校ぼうずだった伜が同級生の母をさし、
「さっきコンビニで○○んとこの奥さんに会ったぞ」
などと言うので、
「あんたはセールスマンかい!」
思わずツッコミを入れた。
いつもならば“○○のかーさん”もしくは“○○んとこのおばさん”と呼んでいる相手なのに、
いきなり“奥さん”って、なんなんだよ。
まあ特に理由はなく、たまたま何故かそう言っちゃっただけのことらしいんで安心した。
まかり間違って日常化したら、若いツバメへの一歩を踏み出しかねん。


その伜、昨年普通免許に続いて二輪免許を取り、バイク乗りになりやがった。
猛反対したかった私だが、バイト先さえ求人誌等に依らずバイク関係の各所に自ら飛び込み、
募集もしていなかったお店で採用して頂けた、ってほど心底からバイクが好きだったようだし、
第一、私自身その昔、親の承諾も得ず勝手に二輪免許を取得したという前科があるため、
「絶対に学業を疎かにはしません、費用もバイトで稼ぎます、おかあさん。
 勿論、マナーを守り、安全運転に徹します、おかあさん。
 だから許可して下さい、おかあさん」
上記の“奥さん”ではないが、ものを頼むとき限定の“おかあさん”という呼び方を連発され、
頭を下げられた日にゃ、何も言い返せなかった。
またひとつ心配の種が増えた、と思い患いつつも、今となっては、
「2ケツは厳禁やでっ、わかっとるねっ?!」
電話の度にくどくど繰り返すしかない。

で。
時折同じバイク乗りの友や先輩らとツーに出るそうなんだが、始終腹を減らしておる年頃、
月初で金銭に余裕があれば、計画の中に安くて大盛りと評判の飲食店を組み込んだりする、
などと話し、
「けどなあ、おかん…」
ふと、困ったような声色に。
何でも
「店の女の人をどう呼べばええかわからんときがある」
んだとか。

自分の母親くらいから上の人、と見れば、
「おばちゃん、うどん下さい」
さらり言えるのだが、それより下あたりの人だと“おばちゃん”では少し悪いような気がするし、
かと言って大学生がうんと年上の人に“おねえさん”と呼び掛けるのも小生意気なように思え、
判断に迷うとのこと。

「そんなんいちいち拘らんでも“すみませーん”で統一しときゃええやん」
「だよなあ」
で落着したが、無駄に繊細な一面を知り、受話器を置いた後ひとり笑い転げた。
ちょっと可愛かった。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。