茅屋雑記帳

ボンクラ主婦きすけの気ままな日記

ゆるかわな森ガール

まだ寒い頃、楽天の二つのショップで服を買った。
シャツチュニックとスキニーパンツ。
通販で衣類を購入したことはなかったのだが、大セールの叩き売り価格だったのでつい…。
それでも、手に取った商品は、案外ちゃんとしたものだった。

以来、その二つのショップより頻繁にお買い得メールが来るようになった。
そして、少し春めき、新商品セール開催中、などという報せが届くと、やたら目につく言葉が。
『ゆるかわ』と『森ガール』である。
これらを謳い文句にした服がいっぱい。

モデル着用画像は見ているわけだし、若い娘さんの間じゃそういう雰囲気がウケてんだろう、
程度に思ってたが、女の子を育ててないんでそういう雰囲気ってのがどういう雰囲気なのか、
実際のところ、今ひとつよくわからない。
あまりに多用されているため言葉自体が気になり、検索してみた。

『ゆるかわ』とは、端的に言えば、ゆるくて可愛い、という意味だそう、そのまんまやがな。
頑張り過ぎないのに可愛くてナチュラルなライフスタイル及びファッションを指すらしい。
また、『森ガール』は、森にいそうな女の子、という意味、同じくこれもそのまんまである。
私にしてみりゃ、森にいそうな女の子の代表格ってのは、『もののけ姫』のサン。
だが、『ゆるかわ』と『森ガール』は重なる点が多いようで、いずれも妖精タイプなんだとか。
やっぱりよくわからなかった。

まあ、演出ってのも重要だ、少しでも可愛く見られたいという気持ちはちっとも悪かない。
若い娘さんたちが素直に流行を取り入れ、妖精の雰囲気をまとうべく服装に気を遣うのは、
まことにいじらしく微笑ましく愛すべき姿だと思う。
自分に娘がい、なーんか似合わねえなあ、と感じても、口出しはせず黙って見ているであろう。

しかし、私にそんなのを買えとじゃんじゃんメールを送ってもらっても困る。
いや、ゆるかわでもゆるふんでも森ガールでも森光子でも森進一でも別にいいんだけどさ、
それこそ鬱蒼とした森の奥深くでしか着られぬではないか。
で、ひょっこりクマに出くわしたりしてな。

めんどくさいので配信停止にした。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する