茅屋雑記帳

ボンクラ主婦きすけの気ままな日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

続・涙

私は昔からおっさん臭い所があり、番茶も出ばなな頃でさえ色気というものに全く欠けていた。
結婚後はさらにその傾向が強まり、四十を過ぎてのちは本当のおっさん気分。
母親であるという自覚は持っていたつもりだが、女性であるという自覚はスコーンと失ったまま、
あと二年で五十の坂にさしかかる。
今後は本当の爺さん気分になってゆくのであろう。

が。
先週、おとんが奈良へ連れて行ってくれたとき、昼食を頂いたハイカラな()和食のお店で、
「う…まずい…」
ちょっと慌てた。
ユーミンの『リフレインが叫んでる』が流れてきたからだ。

この曲、駄目なのである。
ほんの短いイントロを聴くだけでもう目が潤み、
        【 どうしてどうして僕たちは出会ってしまったのだろう 】
すぐさま下を向き、涙をごまかさねばならなくなる。

尤も、家の中じゃ遠慮なくぽろぽろとこぼしてしまっていたので、よく伜にからかわれ、

「へー、おかんでも女っぽいとこあるんやなあ」
「やかましわ、スペシウム光線撃ったろか!」
あほな応酬をしたものだ。

ついでながら、伜をよそへ送り出した昨春、一ヶ月位の間この曲が頭の中で鳴り響いていた。

        【 どうしてどうしてできるだけやさしくしなかったのだろう
            二度と会えなくなるなら                 】
むろん、二度と会えなくなるわけではない。
けれど、二度と戻らぬ年月を思うと、どれほど惜しんでも惜しみ足りなかった。


ともかく。
こういうどんな身にも憶えがあるような状況・感情を美しいメロディーに乗せ、訴えかけられると、
いくら色気のない思い出ばかりが多い者の涙腺堤防であっても簡単に決壊する。
        【 引き返してみるわ ひとつ前のカーブまで
          いつか海に降りた あの駐車場にあなたがいたようで 】
        【 人は忘れられぬ景色を幾度かさまよううちに
            後悔しなくなれるの                     】
はいはい、やったやった、こんな未練がましいこと…まあ、私の場合はバイクで、だったが。
ちっ、とことん色気がねえわ。


さて。
「う…まずい…」
な心の琴線触れまくりソング、もうあと二曲ある。
プリプリの『M』とレベッカの『フレンズ』だ。
きっと誰にもそんな曲があろうかと思うが、トシを取るとこういった話はできにくいわけで、
周囲の人々にもなかなか訊けない。
ただ、おとんは、稲垣潤一の『クリスマスキャロルの頃には』に弱いそうだ。
で、自ら訊いておいて、
「えー、そんな経験、どこでしてきたん?」
そこはかとなくヤキモチ、馬鹿である。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。