FC2ブログ

茅屋雑記帳

ボンクラ主婦きすけの気ままな日記

重宝な器

私は実にしみったれたばばあで、欲しいと思うものがあってもかなり長期間迷う。
そのくせ買って後悔し、
「ちょっと日暮れの細道に出て小石でも蹴って来たろかしらん…」
などといじけることも多く、しみったれ感がさらに深まる。
たったひとこと
「思慮が浅い」
と言えば済んじゃう話に無駄な行を費やしているこの性分に因るところも大きいか。

お店で手に取り、確かめられるものなら、まだそれなりに検討できる。
が、諸事情により食材ばかりでなく何かとネット通販に頼りがちだった今日この頃。
ケチなんでさほど金額はかかっていないものの、蹴りたい小石の数が些か増加傾向にあった。

そんな中、これはよい、と重宝している品が。
楽天の某店で購入した『穴あきベジタボール』だ。
蒸しまっせ~  

この、特大の丼の底に穴を開けたようなの、蒸し料理に使う器なんである。
(あ、縁っこのねこは無関係ね、何となく置いてみたかっただけ)
三千円を超すんでやはり見つけてから数ヶ月間迷い、十一月にやっと届けてもらったのだが、
野菜やお肉などを盛り付け、大きさの合う鍋にお湯を沸かし、そこにのせて鍋の蓋をすれば、
手軽に蒸し料理が作れ、下に皿を置いてそのまま食卓にも出せる。

従来の蒸し器というのはやたらでかくて場所を取るだけにキッチンの棚の奥に収納してあり、
数個のシュウマイを蒸すために他のもんまでガタガタ引張り出してから掛からねばならんのか、
とぶつぶつ言っていたが、今後はそんな文句も中華ちまきや茶碗蒸しのとき位でよさそうだ。

で、実際に使ってみたら。
南瓜、人参等野菜が大変に甘くなるし、また、もやしを敷いた上に豚肉をのせて蒸し、ポン酢で、
或いは白菜としめじと海老とほたて貝柱を蒸し、コチュジャンを効かせた変わりダレで、と、
色々試してきたが、素材の味が引き立って、どんな組み合わせでもあっさりと美味しい。
その上、鍋に残ったお湯にも旨味が出、癖の強い食材を蒸したとき以外は中華スープにしたり、
昆布だしを足して味噌汁に仕立てたりでき、無駄がない。

いい買い物ができてよかった。
巷では蒸し料理がブームらしく、レシピ本も様々あるよう、もう少し経ったら書店へ見に行こっと。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する