茅屋雑記帳

ボンクラ主婦きすけの気ままな日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

帰宅

無事に戻って来られた。
うれしい。


が、先生も、
「大変難しい手術でした」
と仰ったように、今回の手術は正直きつかった。

あれこれ調べても通常は二時間ほどで済むことが多いとあったのに七時間近くもかかり、
術中、バルーン付きのカテーテルに替えたりと何だか大がかりな話になってしまったのだ。
また、当然全身麻酔で行うものと思っていたのが、術後の早期回復を目指すという方針で、
部分麻酔に睡眠薬吸入を併用するというやり方を取り、これがとても辛かった。
朦朧としていながらも何故か意識はあったため、先生方の慌てる声等が聞こえるし、
「あっ、危ない、頭を動かさないで!」
と言われてもどうにもならない。

結局、長時間の勝負となり全身麻酔にチェンジしたようだが、大昔死にかけた腸捻転にしろ、
結婚後の皮膚移植や婦人科関係にしろ、手術と言えば全身麻酔、ってな感覚でおり、
実際、今回より重篤だった場合でもこれまでは自身が眠っているうちに終わっていたのである。
ゆえに、意識があった分だけ余計に体力を使い果たしちゃったという気分になった。

勿論、結果はちゃんとうまくいったわけで、実にありがたいことなのだが。

本当はもう少し入院していたほうが良いとのお話ながら、ようやく持続点滴が外れたんで、
必ず安静を守るようにという約束で帰してもらった。
病院で年を越すのはやっぱりちょっとね。
退院の度に思うことだが、家の布団はよく眠れるなあ、と、しみじみした。

あとは体力の回復を待つのみ、ぼちぼちやってこ。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

おかえりおかえり!!
お疲れ様でした。ほっとしました。
ゆっくり休んでください。
ホント無事でよかった。ありがと、うれしいよ。

もみじ | URL | 2009-12-29(Tue)16:30 [編集]


もみじん

ありがと…。

私みたいにちっぽけで役立たずな人間の無事を喜んでくれる人なんて、迂闊にもこんな馬鹿を背負ってしまったとーちゃんと、迂闊にもこんな馬鹿の腹から出てきた伜と、迂闊にもこんな馬鹿を製造しちゃった両親と、迂闊にもこんな馬鹿を妹に持った姉くらいのもんだと思ってました。

ちょっと泣けたりして。
本当にありがとね。

きすけ | URL | 2009-12-29(Tue)17:36 [編集]


退院おめでとうございます。
これからも噴飯記事を楽しみにしてます。
よいお年をお迎え下さい。

こうた | URL | 2009-12-29(Tue)18:53 [編集]


こうたさん

いつも温かなコメントを下さり、まことにありがとうございます。

しっかり体力つけてまた暴言吐きまっくたるでぇー、などと目論んでいるクソババアですが(笑)、今後とも何卒よろしくお願い致しますです。

きすけ | URL | 2009-12-29(Tue)20:20 [編集]


ほっっ‥

はじめまして。
いつも楽しく拝見しています。
無事のご帰還にほっとしました。
本当によかったよかった。
くれぐれもお体ご自愛くださいませ。

ずみみ | URL | 2009-12-29(Tue)22:42 [編集]


ずみみさん

はじめまして。
御心配下さりありがとうございます。
ごろごろしたお正月になりそうですが、今日伜が帰るようで楽しみですし、ぬくぬく過ごします。

きすけ | URL | 2009-12-30(Wed)07:22 [編集]


手術のご成功おめでとうございます!
涙ぐむほどうれしく拝見しました。

早くご退院されて、なによりです。
ご家族でよいお正月をお迎えください。

えりすけ | URL | 2009-12-30(Wed)08:05 [編集]


えりすけさん

先日のお見舞いもそうですが、またまたあったかなお言葉を…。
ありがとうございます。

皆さまからこのようにお心遣いを頂戴し、何だか本当に勿体なくて。
私ってとんでもなくしあわせもんだなあ、と思う年の暮れです。

きすけ | URL | 2009-12-30(Wed)11:02 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。