茅屋雑記帳

ボンクラ主婦きすけの気ままな日記

損は嫌い

ここんとこすっかり『ばばあの通院日記』みたいなつまんねえ流れになっているんだが、
なに、それは自分がつまんねえだけで、元々つまんねえことしか書いてないブログだわな。


とにかく、今日、紹介状を携え専門医のもとへ参じてきた。
結構な大きさの動脈瘤であり、また、その形状も何故かぽこぽこふたコブになっているらしく、
やはりクリッピングなりコイル栓塞なり何らかの手を講じたほうがよいという診断。
どちらもリスクを伴うため慎重な言だったし、脳外科の手術自体みなそういうもんなんだろうが、
「あなたが七十七歳なら経過観察とするが、四十七歳からそれを続けることの負担は過大」
とのこと。

おとんの意も聞かねばならんので即決こそしなかったが、私としては手術を受けるものと考え、
まずは適した方法を探るため、来月初め一泊で脳血管撮影の検査入院をすることになった。
場合によっては予防手術のできない動脈瘤ってのもあるそうで、それもはっきりわかるし。


いろいろ鬱陶しい話ではあるのだが、進んでどんよりしててもしょうがねえよなあ、とか思うと、
本当にどんよりする気が失せちゃう。
てか、そういうのってすっげー損みたいに感じられてくるのが可笑しい。
自分の得になるようなことしか考えてこなかった人間なんで、その辺は徹底しているのである。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する