茅屋雑記帳

ボンクラ主婦きすけの気ままな日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

三大疲労夢

嫌な夢ってのも人により色々だろうが、私が昔からよく見るのは次の三つのパターンである。

① 高い所でガタガタ戦慄している夢。
  大抵はフェンスも何もない、しかも極端に狭い二畳くらいの広さのビルの屋上にいる。
  昇降口も見当たらぬのにどうやってそんな妙な場所へ移動したのかがいつも謎だ。
  とにかく下を覗くこともできず、
二畳の真ん中で恐ろしさにぺたんとへたり込むばかり。
  元々高所恐怖症気味の人間ゆえ見るのだろうが、昨秋ある陰惨な事件に遭遇して以来、
  この手の夢が一番こたえる。


② 目的の場所へとなかなかたどり着けず、途方に暮れている夢。
  例えば、名古屋にいた頃たまに待ち合わせ場所にしたナナちゃん人形をめざしてんのに、
  何故か薄暗い倉庫やスクラップ工場、生コン工場等が並ぶ殺伐とした通りを歩いており、
  いくつ角を曲がってもまたそこへ出てしまう。
  「なーんで向こうに国際センタービルが見えていながら名駅前へ行けんのだ」
  しきりに嘆いているのだが、起きてから考えてみるとこの言葉だけは笑えた。
  私が若い時分はミッドランドスクエアもセントラルタワーズもなく、一番高い建物と言えば、
  国際センタービルだったのである。
  古い人間だぜ、全く。

③ どんな内容かは不明ながら、
  「ああ、夢か」
  と、ひとつの夢から醒めたのに、実はまだ夢の中にいるというしち面倒臭い夢。
  これとて夢だとわかっているのだが、今度はそのままちっとも醒めてくれない。
  1/10ほど死んでいるかのような錯覚に陥り、ちょっと焦る。

いずれにしてもみな疲れる夢である。

ところで。
二、三年前だったか、伜が、
「久しぶりにオバケに追いかけられた夢を見たわー」
と、子どもっぽいことを言うので噴きつつ聞いていると、
「んでも、必死こいて走ってな、20メートルくらい引き離したところで相手が諦めたわ」

「ちょい待ち。
 なんであんた必死こいて走っとんのに20メートルくらい引き離したとかわかるん?」
「なんでて、横から見りゃ大体の見当がつくやんか」
「じゃあ、あんたって、登場人物の一人として自分を見とんの?
 運動会の録画を再生しとるみたいに自分の顔も見えるん?」
「うむ、そういう夢を見るときもある」
そして、おとんの夢も半々くらいの割で再生録画的であると言う。

吃驚した。
そんな夢、生まれてこのかた一度も見たことがない。
自分はいつも現実と同じ状態のまま夢の中にいる、ってか、夢の中に鏡でも出てこない限り、
自分の顔・姿など見えない。

もしかしたら私って、現実でも自分を客観的に見るということができていないのかもしれない、
ふとそう思い、何かしら心細くなった。
などと言ったって、心細くなったこと自体、それから既に二、三年忘れていたわけだが。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。