茅屋雑記帳

ボンクラ主婦きすけの気ままな日記

球児

トイレの電球が切れたため、高校野球の経過を気にしつつ仕方なく電化店へ買いに行った。
勿論すぐに一寸した輪のできているテレビのコーナーへ走ったけれど、絶妙な送りバントについ
「ナイスメイデン!」
と発しそうになり、慌てて口を押さえる。
神よ、この汚れた某掲示板脳を許したまえ。

まあ私ゃ普段はいつも家の中で一人ぎゃあぎゃあ騒ぎながら試合に見入っているわけだが、
高校野球ってのはたとえ知らないおっさんたちであっても誰かと一緒に観るほうが面白いな。
中学・高校時代、よく実家近くの球場へ足を運び、県予選を観に行った記憶が蘇った。
そのとき活躍していた選手の一人が現中京大中京監督だったりして、
「おいおい、ええおとっつあんになり過ぎやろ」
と、我が身を棚に上げ苦笑する図々しさ。
ただ、味わいを増した風貌は、見ていて気持良いものである。

関取衆が自分の子どもより若くなると何やらむかっときてしまいそうだが、高校球児の場合、
孫くらいになってもより一層可愛く思えるような気がする。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する