茅屋雑記帳

ボンクラ主婦きすけの気ままな日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ワンピース

四月の或る日。
所用で駅前まで出た際、商店街へも足を延ばしてみた。
どこの地方都市においても同様なんだろうが、シャッターの下りた店がますます増えている。

良いハギレでもないかな、と、何度か買い求めたことのある服地屋さんに立ち寄ったところ、
銀髪の奥さんが
「うちも今月限りで閉店しますんやわ」
静かにそうおっしゃり、1m/三千円近くしそうなウールジャガード地を出して
「随分前に仕入れた売れ残りで少しケバ立ってますけど、スチームかければ戻りますから、
 お持ち下さいな」
まだ6mはありそうなのをそのまま譲ろうとなさる。
初めは躊躇したが、構わぬと重ねておっしゃるのにぐずぐず遠慮するのも何だか嫌らしい。
「では、ありがたくワンピースを作ります」
と、色の合う裏地を買い、その分の代金のみお渡ししてお店を後にした。
今はもう閉めてしまわれたんだな…さみしいな。



真面目な洋服を作るのは久しぶりのこと、裁断するときなんか手が震えてしまう有様だったし、
また、途中体調を崩して長いこと放りっぱなしになっていたが、ようやく完成!

否、完成!と思い仕上げのアイロンをかけていたら、袖口付近からツンッと光る物が現れた。
困った袖口 
何と、表地と裏地の間に一本待ち針を残したまま綴じちゃっているではないか。
脱力しながら少しほどいて取り出し、再度縫い直す。

こいつだっ、要らん手間をかけさせやがって!
待ち針 
思わず八つ当たりにマッキーの極細のほうでこんな顔→(‘A`)でも悪戯書きしてやりたくなった。
米粒細工か。

で、ともかくも出来上がったワンピース。
ワンピ1 

少し袖を持ち上げてみたところ。

ワンピ2 
もうちょっと効果的な見せ方ってもんがあるだろうに、ただ襖に挟むだけというズボラな演出。
まあ、どう見せたところで着るのは私だしな。
それにしても、このクソ暑いのになに周回遅れみたいな冬物を撮って喜んでいるんだか。


さて、半年寝かすのはいいとして…
このフェミニンなワンピがはたして似合うのか。
さらに、伜のお下がりトレウエで過ごしている奴がこのワンピを着て一体どこへ行くというのか。
それが問題である。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。