茅屋雑記帳

ボンクラ主婦きすけの気ままな日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

行っちゃった

この間の土日で、伜を放り出した。

大学及び生協の諸手続きに始まり、現地でのアパート探しと決定、また、それに関連し、
水道光熱保険等の契約やら生活用品の準備やら、全て十日程の間に済ませねばならず、
普段の暮らしがダラなだけに、訳もわからず走っている、てな日々を送ったことである。

野郎一人の宿替えに引越し業者を頼むまでもなく、トラックをレンタルする予定だったが、
それを小耳に挟んだおとんの取引先の社長はんから、
「しょむない金を出さんでも、うちの1トン積みを使やええやないか。
 一昨春、孫がよその大学へ行ったときも、同じトラックで間に合わせたでー」
と、実に温かなお電話を頂戴し、ご好意に甘えて有難くお借りした。

丁度ETC割引の開始と重なったため、予想通りとは言ええらく移動に時間を食ってしまい、
土曜日は物を運び入れただけでカツカツ、まあ、現地で急ぎ調達せねばならん物も多いし、
こんなこともあろうかと格安の宿を予約しておいたので、久々に親子三人枕を並べ、寝た。
グースカ眠りこけている伜の顔が何故だかいつもより幼く見えて、真夜中にこっそり苦笑。

翌日。
簡素な部屋の体裁を曲がりなりにも整え終えたときには、既にとっぷりと暮れていた。
薄闇の降りてきたアパート前で、んじゃ、行くわな、とトラックに乗り込み、
「身体に気ぃつけて、まだ寒いよって油断したらあかんよ。
 あと、戸締まりと火の元は必ずチェックな」
くどくど言い置きつつ窓から手を振ったら、
「うん、ダーイジョブ、おれは“だいじの子ぉ”やでの。
 あんたらこそ気ぃつけて帰ってな」
おちゃらけた口調ながらもでら懐かしい台詞と共に見送りやがって、何も返せなくなった。
ここ数年はさすがに殊更口にすることもなかったが、小六くらいまでの頃は、
「○○くんは“だいじの子ぉ”や、健康と安全にはいっつも気ぃつけとらなあかん」
ってのが親子の合い言葉になっていたのである。
大通りへの角を曲がり、伜の姿が見えなくなるや、街灯も信号も、やたらぼんやりと霞んだ。


たった五日逢っていないだけなのに、どうもまずい、のをあある とをあある やわあ。
必要以上に他人と関わるのは御免、な巣籠り婆で、どんどん世間様から孤立していたが、
それでも不自由などさらさら感じなかったのは、伜がいたからかもしれんなあ、と、
今さらながら気付いたりして、要するに息子依存症ってやつだったのだろう、芯のとこじゃ。
けどま、いくらべったべたな感傷に浸ろうと、やっぱりものぐさな性格は変わらんわけで、
人交わりに興を覚えもせず、マイペースな生活を送っているんだが。

ただねえ…。
じきに慣れるとわかっちゃいても、あんたのいないこのうちは静かすぎるんだよ、にーちゃん。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

遅ればせながら

合格おめでとうございます。

一人暮らしを始めた頃の事を思い出してます。
いろいろあった後で、親とはとっても険悪な状態でした(笑)。

息子さんの進む新たな道で幸あるものを見出せることを願っております。

かしこ | URL | 2009-04-07(Tue)01:03 [編集]


かしこ先生

温かなコメント、ありがとうございます。

鬱陶しい母親なので引越しの際も言い争いばかり、向こうは今頃さぞせいせいしていることだろうと思うにつけ、何となくむかっときたりして(笑)。

で、毎日、
「何なんだ、この少ない洗濯物は」
「米がちっとも減らんぞ」
などと、ぶつぶつ独り言ばかり呟いておる有様、困ったもんです。

きすけ | URL | 2009-04-07(Tue)07:26 [編集]


わかるなあ。。

こんにちは。
ご進学おめでとうございます。

うちのは、一時間ちょいで通学できるのに、
「実験が長びくとモゴモゴ・・・」
入学後半年で、ぱあっと出て行きました。

下宿代はバイトでなんとかする、といって、
農家の友達んちの軽トラックを借りて、
仲間を2人連れて、
日曜の午前中にさっさと荷造りして行きました。

午後、あっけなく空になった部屋に残されたアルバムの
幼い頃の坊主を
いつまでもぼんやり眺めましたっけ。


たまに戻ってくると、
山ほど御飯作ります。

みっともないとか、イケてない、とか
何も考えません。
嬉しさを隠したりしません。
くだらないことをいつまでも話します。
垂れ流しです。
息子も親孝行のつもりで付き合ってくれてます。
(と思う)

セイロガン | URL | 2009-05-02(Sat)18:23 [編集]


セイロガンさん

ありがとうございます。

親の気抜け(笑)はどうあれ、本人はとっくに新生活に馴染んだようで相変わらずスカーンと陽気、電話の声もテンション高く朗らかで、ほっとしております。
元気にしていてくれれば何も言うことなし、実に有難いです。

きすけ | URL | 2009-05-03(Sun)07:53 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。