FC2ブログ

茅屋雑記帳

ボンクラ主婦きすけの気ままな日記

道を説く君

昨日の記事を読み返したら、ひどくぶちキレた文章に赤面。
これじゃまるで人の情けがわからぬならず者みたいではないか。
たぶん私ゃキーを打つ間中ニコチャン大王のような顔つきになっていたことだろう。

でもまあ、やたら刺々しくなるときってのは大抵しょむない布教活動をしかけてくる者、
或いは、宗教とは無縁でも似たような思考回路で働きかける者に接した後だったりする。
他人の力になってやるという“シチュエーション”がだあい好きで、対象を求め嗅ぎ回る、
対象が見つからなきゃ他人の泣き所をつっついて悩みを作り出す、そんな人々だ。
古い事件だが、甲斐甲斐しい看病で醒めた恋人を振り向かそうと毒を盛った看護師や、
少し前に逮捕された、いの一番の手柄を誇るために放火を繰り返していた消防団員、
そいつらとあんたの心性はどう違うんだタワケ、おっとまたニコチャン大王になってきた。

但し、私は宗教や信仰そのものを否定したり忌避するつもりなど全くない。
父方の爺さんの兄は何を思ったかある日突然禅寺の僧になっちゃったという変人だが、
幼い頃この大伯父の話を聞くのがとても好きだった。
また、ぼうずの幼馴染にはお寺の子がい、毎回途中で舟を漕いだと言ってはいたものの、
奴も仏教講話に誘われちょくちょく出かけて行ったし、この頃親しくしている友の一人は、
敬虔なクリスチャン家庭に育った子、春休みに泊まりにきた際もちゃんと聖書を持参し、
就寝前にはお祈りをしていたそうな。
細眉・髪立てという今どきの子らしい外見とのギャップに申し訳なくもふきそうになったが、
お寺の子同様、ちょっとしたときふと表れる清廉さに何となく惹かれるんだとか。
自分とは違った方向・角度から物事を考える人々と交わるのは大いに結構なことだ。


話は些か飛ぶが。
巷の地蔵堂の石柱等にはよく
『見てござる』
という文字が彫られている。
そして、森永エンゼルパイだったか、大昔、
『♪だあれもいないと思っていても どこかにどこかにエンゼルが』
てなCMソングもあった。

いずれも、
「神仏てか超越者てか、とにかくそういう存在がお前さんを見守っていますぞえ」
といった大らかな意味を持つ言葉なのだろうが、一方、
「誰も見ていなくたって天には眼がある、自分の姿を正さねばいかんぞよ」
このようなゾゾゾもんの意味もあるように感じる。

春先の日曜早朝、強風に煽られ駐輪場の自転車がドミノ倒しのような状態になっており、
かなりの台数であるそれを一人の青年が淡々とした表情で立て直していた。
慌てて駆け寄り手伝ったのだが、心の底からありがとうと思った。
自転車を立て直してくれたことに対してだけではない。
私一人で倒れた自転車群を発見したんだったらやらなかったかもしれないからだ。
そういう恥ずかしい自分に気付かせてくれたからだ。

宗教や信仰云々に関係なく、黙って他人の役に立てる人はいる。
ぼんくらながらハッとしてGoodでそれに続かねばと教えられる者も出てくる。
小さな出来事だろうと、これこそが道を説くってことであり、真の布“教”なのではないか。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する