茅屋雑記帳

ボンクラ主婦きすけの気ままな日記

励まし屋

体調が悪い。
ってことで、相変わらず駄目主婦だ…とか人並に落ち込んでみようと思ったものの、
それらしく溜息ついた端からぺろり舌を出したりするのであった。
私ゃとことん自分が可愛い、何で態々おのれをいじめねばならんのだ、馬鹿馬鹿しい。

ただ、一応神妙な風を装うこともある。
励まし屋さんに対するときなどがそうだ。
凹んでいないかと訊かれたら、凹んでいない限り凹んでいないと答えるのが普通なのに、
励まし屋さんの場合は相手が思いの外凹んでいないと見るや、
「いろいろあって悩んじゃうよねえ」
と、情けない現状への自覚を促してくれるため、あまり明るい顔をするのはまずい。
他を気にかけてやっている之図ってのが大好きなのでへらへらしているとうるさいのだ。

大体、励まし屋さんってのは平生でもやたら心配してるわメールを下さる。
で、こっちが元気である旨返信すると、元気なだけではいけないようで
「気を引き締めていかなきゃね」
「浮かれていないでがんばろうね」
と、無理にでも励ましの形をとった返信がまた来る。
御自分のお言葉のありがたみを信じきっておられるのであろう。

どうでもいいけど悩める他人の姿を期待するのはやめてもらいたいものだ。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する