茅屋雑記帳

ボンクラ主婦きすけの気ままな日記

本音第一主義者

本箱の隅っこから『雑』とだけ書かれたシールの貼ってあるCD-Rが出てきた。
何が『雑』や、こんなんで整理した気でおるんか、と過去の自分に怒りつつ見てみたら、
二年ほど前に別の場でアップした文の下書きが20件余、成程やっぱり『雑』だった。
どうせなら下書きでなくアップした方の文をコピーして保存しときゃいいのに、とまた怒り、
そう言えば、このブログを始めて一ヶ月位の間は、全く同じ台詞をブツクサ呟きながら、
これを基に古い文をなぞり、焼き直していたなあ、と思い出したのだった。
未掲の下書きも僅かにあったので手抜き乍ら当時と考えの変わっていないものを一つ。
大体は原文のままである。


     ※ 本音第一主義者

世間には『本音第一主義者とでも呼びたくなるような人々がいる
具体的には、
「相互理解のために本音でぶつかっていきたい」
「本音で向き合えない関係なんて無意味」
このように何かと腹を割り割らせたがる人、また、そういったポーズに酔う人をさすが、
世が世なら新撰組への入隊をお勧めしたいところだ、三島の楯の会でもいいぞ。

どこに向かって入れているのか不明な茶々はさておき。
かの人々の言を拝聴すると、困惑させられることも多い。
別に何だっていいんだが、例えば国語のノートを
「国語のノートとは如何に使うべきものか」
てな考察のみで埋めてゆくにも似た空漠たる語らいに本音という表題が必要だろうか。
正直、私にしてみればその本音なるもの自体が“?”の連続。
大仰に本音と名付けた由無し事の羅列としか思われないのである。
同じ由無し事ならヒョータンツギの落書きでもして頁を費やすほうがまだマシだ。

小人の法典にも、出来得る限り他の主義主張を尊重する、という項は一応ある。
だが、そこはやっぱり小人、ついつい舌がチッと鳴ってしまう。
上記の由無し事が『説伏』としか感じられぬ場合は特に。
随順の意を示さねばどこまでも食い下がる構えをとって本音なんぞ訊かんでくれ。

別段意識しなくとも自然に出ちゃっているのが人の本音。
むやみに騒いで掘り起こそうとするのは鈍感だからであろう。
おのれが満足できる答えばかり欲する意地汚さを純粋さや潔癖さと勘違いできるほどに。
何より、本音なんか日替わりランチ、が本音なのだよ、私ゃ。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

いやはや、きすけさんの斬り口の鮮やかなこと!無駄はなくユーモアはたたえ、きりっと辛口飲み口すっきりの吟醸酒みたい。読後はスカッと爽やか(←昭和のフレーズですね・・・)、胸のつかえが下りて、こんな文章に出会えるなんて生きててよかった!と思いました。某所でどろどろしています。取りつく島がありません。頭丸めたい気分です。

弓の遣い手 | URL | 2008-04-16(Wed)14:54 [編集]


本当の私。

それが、あなたの本音ね。
と、一部分を全体だと思い込んで話しかけてくるコミュニケーションは、
はっきりいって苦手。

本音をさらしても、ありのままの私を受け入れてくれるあなたがいる。
結局、こういった承認がほしいだけじゃないしょうか?

かしこ | URL | 2008-04-16(Wed)16:24 [編集]


☆弓さま

こんばんは、コメントありがとうございます。
(すみません、いきなり弓さまと簡略化してしまいました、遣い手さまじゃひとつ間違うと色里の遣り手婆みたいだし(笑))

いいかげんな人間ゆえ、本音本音と言い募る意味がわからないんですよ。
他人の発言をいちいち本音だ建前だ本心だ嘘だと騒いで何が面白いのかなあ、と。
それって、人の言葉を聞く際のおのれの姿勢にこそ問題があるような気がします。

>どろどろ

ざっとしか見ていないため(再度すみません、めんどくさいんで…これこそ本音です)無責任な感想になってしまいますが、互いの本音を探り当てながら審査員のように評価し合う世界じゃ、本音そのものがただの記号と化し、結局は息が詰まるような関係を作り上げてしまうんだろうなあ、と思いました。
ネットでストレスを溜めちゃつまんないし、最終的には人の思惑を意識の外にうっちゃるしかないのかもしれません。


☆かしこさん

こんばんは、コメントありがとうございます。

>本音をさらしても、ありのままの私を受け入れてくれるあなたがいる。
 結局、こういった承認がほしいだけじゃないしょうか?

おっしゃる通りだと思います。
また、逆から言えば、他をかきくどく際の前置きとして、ありのままのあなたを受け入れてあげる私がいる、と、自身の存在の必要性を相手に知らしめんがためそういった手順を踏むようにも感じます。
というのは、母親が子どもに対してよくやることですから。
大抵は押し付けがましさを倍加させるだけで逆効果にしかなりませんが(うちのこと)。

わかってちゃんも、わかってあげる様も、同じカードの表裏なのかもしれません。

きすけ | URL | 2008-04-17(Thu)02:07 [編集]


こんにちは。
勝手ながらリンクはらせてもらっています。
不都合ありましたら、おっしゃってください。
ただ、記事は何もありませんが。

かしこ | URL | 2008-04-21(Mon)12:52 [編集]


こんばんは、お知らせを頂きありがとうございます。

>不都合ありましたら、おっしゃってください。

いえいえ、好き勝手なことばかりほざいているブログ、リンクによる不都合の因となるのはこちらなんで、むしろ恐縮しております。
どちらさまにも同じことを申し上げているため我ながらくどいなとは思いますが、合わんぞ、とお感じになったらぱぱっと切っちゃって下さいね(笑)。

きすけ | URL | 2008-04-21(Mon)22:27 [編集]


はじめまして

こんばんは。かしこさんのプロフィールのリンクから訪れました。

実は以前、某掲示板でお名前とレスを拝見していて、密かにあこがれておりました。

ここに書き込むべきかどうか、かなり迷いましたが、的を得た指摘、ありがたく受け取りたいと思って出てきました。

>大抵は押し付けがましさを倍加させるだけで逆効果にしかなりませんが

ああ、まさにその通りです。。今、冷静に考えてみると、「こうあってほしい」という思い入れが強すぎたんでしょう。過去の一面にこだわりすぎました。
で、色んな人を困らせた挙句、玉砕(苦笑)。マヌケ過ぎますよね。

今回の件で、やはり掲示板というのは色んな人達が読んでいるのだな、と再確認しました。かしこさんのトピで私のH/Nが書かれるとは思ってもみなかったので。色んな意味でいい勉強させてもらいました。
掲示板に書き込んでいる時は自分を客観的に見るのは難しいですね。こちらで分析してもらって自分がよく見えてきました。まるで夜中にツッピンで鏡を見ているような恐ろしさでしたが。(ホラー映画?!)

病み上がりのところ、突然おじゃましてすみませんでした。

これからも切り口あざやかなブログを楽しみにしています。





不幸中の幸い | URL | 2008-05-05(Mon)02:44 [編集]


不幸中の幸いさま

こんばんは、コメントありがとうございます。
このようにごちゃごちゃと片付かぬ埃っぽいブログへようこそおいで下さいました。

まず先に正直なところを申し上げれば、うげげ、さっぱり訳のわからないことでお礼を言われてしまった、何か大きな誤解をなさっておられるようだ、と些か慌てました。
で、何のことだろうと掲示板を見、ああ、こういう展開での誤解であったのか、と知った次第でして。

例のトピに関しては、かなり前にこのブログでもそこでとぐろを巻く奇怪な人々について思いっきり悪口を書きましたが、それ以来覗いておらず(わざわざイラつきたくないし)、不幸中の幸いさまの書き込みも今回コメントを頂き初めて拝見しました。
従って、当記事及び皆様からのコメントにおいての流れと不幸中の幸いさまが掲示板に書かれたこととは全く関係のない話です。
どうぞお気になさらないで下さいね。

病院との時差ボケなのかのんきにグースカ寝てばかりで頭ボーな状態です。
頓珍漢なレスになっているかもしれませんが、何卒お許しを。

きすけ | URL | 2008-05-05(Mon)20:47 [編集]


こんにちは。(赤面)

うう、むちゃくちゃ恥ずかしいです。。。勘違いも甚だしいですね。
書き込みのタイミングがあまりにもタイムリーだったため、勝手な思い込みのレスを入れてしまいました。

困惑させて申し訳ありませんでした(汗)

でも、これをきっかけにこちらに来ることができて、私としてはラッキーだったかもしれません。まさに「不幸中の幸い」ですね。

お心遣いいただき、ありがとうございました。


不幸中の幸い | URL | 2008-05-08(Thu)10:16 [編集]


いえいえ、好き勝手にだらだらやってるいいかげんなブログなんで、どうぞいいかげんにお付き合い下さいまし。

きすけ | URL | 2008-05-08(Thu)17:19 [編集]