FC2ブログ

茅屋雑記帳

ボンクラ主婦きすけの気ままな日記

まちぶせ

 ♪ 好きだったのよあなた 胸の奥でずっと
    もうすぐわたしきっと あなたを振り向かせる

前項の『けんかをやめて』と同じく学生時代に流行った曲、ユーミンの作詞である。
当時歌っていたのは石川ひとみ。
元々は三木聖子の歌唱によりそこそこ売れた曲を石川ひとみがカバーしたところ大ヒット、
昨年、徳永英明もカバーして再び話題になった。

「別の人がくれたラブレターを見せるとか、偶然を装い帰り道で待つとか、やな女!」
「だよなあ、そこまで回りくどい奴っておるか?」
と、この曲にやたら怒る友人がいた。
一人は生真面目な女子、もう一人はあっけらかんな性格の男子。
二人がぶつぶつ言うその手管は確かに笑える。
が、心理自体にさほどの抵抗はないなあ、と秘かに思った。

・・・・・私の好きな人とデートなんかしちゃってムッシュメラメラファイヤーにさせたあの子、
結局は振られたそうね、けど、私はその辺の女の子みたいに安っぽく媚びないわよ、
好きな人の方から自主的に好きだと言わせなくちゃ何も意味がないじゃない・・・・・
一、二番を繋げて意をまとめると、こんなところか。

いやはやお高いお高い。
だが、『けんかをやめて』が身勝手なお嬢心を飾らず語る曲ならば、この『まちぶせ』は、
青臭く完全を求める高慢なお嬢心を飾らず語る曲で、今なぞってみても不潔感はない。
何かってーと悲哀の涙に暮れちゃう自己憐憫女よりよっぽど清々しいってもんだ。


ついでながら。
この曲に怒っていた二人は卒業後何年かして結婚。
それはそれでまた微笑ましい出来事であった。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する