FC2ブログ

茅屋雑記帳

ボンクラ主婦きすけの気ままな日記

忘れない

実家と宿舎が近かったので、名古屋場所の際には井筒部屋の稽古を毎朝見に行った、
なんて話をずーっと以前に書いた記憶があるのだが。
私が一番初めに見に行った朝稽古は、実家とより近い三保ヶ関部屋だった。
宿舎を移転してしまったので、その後は井筒さんとこを訪ねるようになったわけで。

朝も早よから稽古が始まっており、若い人たちが汗を流していたのだが、六時半過ぎ、
白いまわし姿の北の湖が登場、わー、こんな時間に稽古をつけに来るんだ、と、感動。
毎日怖ろしいくらいの鬼の形相で、おとうと弟子に胸を貸し、叱咤してらした。

千秋楽の朝。
稽古を見終わってチャリにまたがったら、
「お嬢ちゃん」
背後から声を掛けられた。
なんと、横綱だった。
しかも、どこへ行かれるのか、御自身もチャリに乗って。
おい、タイヤよ、大丈夫か、耐えられるか、と心配したわ(笑)。
「毎日来てくれてありがとう」
当時、世間では憎まれ役だった北の湖。
でも、
「どうぞよろしくね」
すごくすごく優しい、柔らかな笑顔だった。


数年後、浜松へ巡業を見に行き、帰り際、混雑している通路でまごまごしていたら、
ふわっと身体が浮いた。
「えっ、なに?」
同じ三保ヶ関部屋の朝稽古で見ていた大関北天佑に抱き上げられていた。
「お嬢ちゃん、気を付けて帰って」
うわ、憶えてらしたんだ、と驚愕。


どちらも、今は、この世の方ではない。
毎場所初日が始まる度に、まずは手を合わせている。
PageTop

あほみたい

今朝、久々におっさんと口喧嘩になった。
めっさくだらんことで。

「もう当分あんな男なんかと喋りたないわ!」
と、プリプリ腹を立てていたのだが。

三時間経たんうちについうっかり喋っちゃった。
「お昼は焼きうどんにしよかて思っとんのやけど」

「おっ、ええなあ、食いたい食いたい」
おっさんは、普段より朗らかな声でそう答えた。

その後は二人だらーっとリビングでくっついて、奉祝パレードや大相撲を見ていた。


伜がよく言うように、あほみたいな夫婦やな。

PageTop

大食い

と言えば、うちの伜である。
若い頃の私も痩せの大食いだったが、あの男は度が過ぎる。
先日、貧血起こして晩ごはんを拵えることができず、おっさんに外で食べて来てほしい、
と、連絡したところ、、
「おかあさんはどうすんねん、あんたこそしっかり食わなあかんやないか。
回転寿司に行こう、Y(伜)も金無いてぶつぶつ言うとったし一応誘ったるか」

ツーリングばっかしている伜は給料前ですっからかんだったらしく
「おっ、行く行く行く、ありがと」
すぐに返信があったとさ(笑)。

待ち合わせ後、よろよろなババアをエスコート(笑)しつつ、うれしそうに店内へ。
で、も、食べるわ食べるわ。
数えるのもめんどくさいくらい積み上がってゆくお皿、20枚超えていたような…。
おっさんは7枚、私は2枚&茶碗蒸しが精々やったのに。
おまけに〆でラーメンまで食べとった。

伜よ、あんたもぼちぼちおっさんになりかけとんのやで。
見た目こそすっきりしているが、内臓脂肪とかどうなっても知らんぞ、私は。

PageTop

ごめんね

私の一番の好物はお蕎麦である。
昨日のお昼、
「こないだ美味い蕎麦屋さんを見つけてん、食いに行くよって仕度し」
おっさんに連れられ出かけた。
お蕎麦よりうどんが好きなひとやのにどうやって見つけたんだろうか。

市内の閑静な住宅街でひっそり営んでいるお店だった。
ざるをお願いしようとしたら、
「あかん、栄養をつけるために天ざるにしなさい、せや、出汁巻玉子も頼もう」
などと言う。
「おとうさん、私もうそんなに沢山食べられへんねん」
「何言うとんのや、ほんならせめてざるとろにしなさい」
「うーん、残すの嫌やし基本のざるを頂くわ、ちょっと手伝ってね、ごめんね」

おっさんは、悲しい顔をした。
せやなあ、おっさんが私なんかを好いてくれた唯一の理由は、よく食べるって事やったもん。
「きすけちゃんは、ほんまに美味そうにもりもりメシを食べるなあ」
恋人時代(いつの話やねん(笑))、にっこりそう言われた。

おっさん、ごめんね。
でも、人生、まだどうなるかわからへん。
ガッツリ大食いできるようなばあさんに戻れるよう頑張るね。

PageTop

ラグビー4

終わってしまった、さみしいなあ。
高校ラグビーも見る気満々なのでまだまだ愉しみはあるけれど。

できれば四年後も生きていられるといいな。

PageTop