FC2ブログ

茅屋雑記帳

ボンクラ主婦きすけの気ままな日記

笑い

今日は消化器科のほうの診察日だった。
もう何年もお世話になっているが、温和で面倒見のいい先生。
入院時も毎日度々様子を見に来て下さるし、有難いことである。

血液検査の結果と照らし合わせ
「ああやっぱり乳腺外科の抗ホルモン剤の影響が出てるかなあ」
数値が軒並み悪かった。
「どういうわけか食欲もなくて…ムンクの『叫び』みたいな顔つきになってきました」
そう答えたところ、いつもは物静かな方なのに
「ブーッ」
いきなり噴かれてしまった、まあマスクしてらしたから唾は飛ばなかったけど。
「すみません、笑い事じゃないのに。
 そうですねえ、こちらのお薬を少し変えてみましょう」
きまり悪そうに通常の先生に戻った。

いえいえ、先生、私はうれしく思いましたよ。
こんな影の薄いインキー婆でも、まだ人さまを笑わせることができたんだなあ、って。

PageTop

晩秋

一昨朝。
診察日だったため久し振りに体重を測った。
吃驚した。
BMIで言うと15を切っている。
さすがにこれはあかん。

先生も胸の診察より先ず顔を見て
「ちゃんとしっかり栄養摂ってますか?」
うーん…摂れてないんだろうなあ。
何を口にしても美味しくないし、すぐ胃が重くなる。
抗ホルモン剤の副作用としてはあまり見られない症状ってか、一般的にはむしろ逆らしく、
慣れるまでに時間がかかる体質なのかもしれない、とおっしゃった。


ついでに。
残った右胸に二か所、それぞれごく小さな粒が三つくっついたようなものを見つけたので、
そのこともお話しした。
先生が触診する限りではほぼ心配ないそうだが、安心を得る為エコーはしときましょう、と。
左胸のとき、最新の造影MRI機で同時に右も検査した際は、異常無し。
が、リンパ節転移も無しという所見だったのに、手術時のセンチネルでは広がっていた。
きっとわかりにくい病なんだろうなあと思う、ある程度育っちまうまで。
まあとにかく受けて帰ってきた。


何にせよ、美味しいもん・好きなもんの豊富なこの時季。
こんなに食えんでどうすんねん、と、少し悲しくなる晩秋だ(笑)。

PageTop

ズッキーニ

食欲ねぇよぅーと嘆いたところでしゃあない、ましてや似非即身仏(笑)になるのも癪。
少しでも食べやすいものをと、今夜は水菜をお供の湯豆腐にした。
めっさ手抜きやけど、胃弱のおっさんも喜んでくれたし、まあええわな。

安かったため買ったズッキーニでついでにもう一品。
ズッキーニ好きなんだよね、ナスっぽいのにクセが無くて。

以下は覚え書き


【 ズッキーニのバター醤油ソテー 】

ズッキーニ 1本
バター 適宜

※ 醤油 小さじ1
おろしにんにく 適宜
砂糖 ひとつまみ

フライパンにバターを溶かし、5ミリくらいに輪切りしたズッキーニを入れて塩少々を振り、
両面軽く焼き色をつける。
※を加える。


やっぱりこれも手抜きな簡単さですな。

PageTop

骨どーすんだよw

昨晩、お風呂上りにパジャマのパンツの裾を膝までめくって足の爪を切っていたところ、
ちょうど帰宅した伜が一言。
「あんた、いったい何なんやその手首みたいな足首は、どんなふざけた仏か知らんけど、
まんま即身仏になってまうぞ」
先日も思ったが、野郎というのはどうしてこう厭味なものの言い方をするんやろ。
加えて直截でもあるし(笑)。


ホルモン抑制剤を服用するにあたり、現在の主治医の部長先生は、
「低体重のあなたには関係ないだろうが、薬の副作用でどんどん肥満する人もいます。
長年に亘る治療なので、その点はほんの少しだけ気に留めておいて下さい」
とのこと。
私はガリなのに何故かなっちゃったけど、乳癌の大敵は肥満だと言うしねえ。
また、リンパ浮腫外来の講師の先生からは、
「予防のためには太らないようにすることが最も大事です」
同時期にリンパ節郭清した各部癌患者を集めた場にてスライドでのそんな説明があった。


けれど。
なんか伜が指摘する通り、逆に羸痩の域に入ってきたような気もする。
いつまでも続く左上半身の痛みのせいなのか、或いはこれも一種の薬の副作用なのか、
私の場合、今んとこ一日中じわっとくる吐き気のため食欲がわかん。
本来食欲の過増進に悩む人が多いらしいものの、副作用の表れ方は個々に違うもんな。

骨粗鬆症を誘発することは、はっきりわかっている薬。
癌細胞の増殖を阻むため、謂わば強制的に老化を進めている側面もあるわけだし。
なのに、必要な栄養は摂れねぇわ、ろくに動けねぇわで、一寸困る。

PageTop