FC2ブログ

茅屋雑記帳

ボンクラ主婦きすけの気ままな日記

師走

直虎、終わってしまいよった。
毎年の事だが大河って世間の評判はともかく何だかんだ一年間ちゃんと見ているわけで、
「ああ今年もほんまに残り僅かなんやなあ」
妙な寂寥感を覚える。

直虎の場合、初めはやたら陰気臭かったけど菅田君の登場以後俄然面白くなってきて、
さあ、これからだ、みたいなところで終わりだった。
後味は悪くないんで、まあ良かったんじゃないかな。
ねこ可愛かったし()

寒さに縮こまっておらず、大掃除もやらんと、の。
あーめんどくさ。

PageTop

楽しい土曜日

珍しく頭痛耳鳴り眩暈腹ピーその他諸々の不調が引っ込み、すっきりな朝を迎えた今日。
お弁当作らんでええのに、毎日の習慣でまだ真っ暗な時間に目が覚めてしまうんだけど、
いつもと違い全身カッチコチな強張りもさほど感じることなく布団から出た。

で。
後回しにしていた衣服の繕い物やら釦の補強などしている間におっさんも起きて来、
「おっ、なんか調子よさそやん」
「うん、なんかすごくええんやわ」
忘年会の二日酔いで寝込んでいる伜なんぞ勿論ほかしとくが、二人、手抜きなトーストと、
ホットミルクだけの朝食を食べているうち、
「おとうさん、たまには外に出てちょっと歩こうかな」
何となくそんな気分に。
するとおっさんも
「おう、行こに行こに、俺、股上の浅くない普通のジーパン欲しいねん、ユニクロまでどや?」
と。

「えー、でもいきなりユニクロはさすがに遠いよぅー、2キロくらいあるやん」
「大丈夫大丈夫、きっつうなったら俺がおぶって退き返したる。
 帰りも無理やったら店内で座っとり、俺が一旦戻ってクルマで迎えに来るよってにな」
やたら頼もしいことを言わはるんで、
「じゃあとにかく行ってみる」
みたいな話になり…。

行ってみたら、行けた。
川沿いの道をゆるりゆるり。
すっかり冬ざれた町、でも、てきぱき歩けていた時には気付かなかった風景がそこここに。

ユニクロにては、股上の深さと胴囲だけで最初に見たジーンズを
「これええわ」
さっさと手に取り、決めようとするいい加減なおっさん。
私は、
「おとうさんなぁ、同じ青でもちいとは好きな色合いとか考えてみたらどうなん?」
いちいち口を挟み、ああでもないこうでもないとごちゃごちゃ。
試着したところ、結局おっさんは、最初に選んだのんを購入したわけなんだが、
「こういういい加減なひとだから私なんかにも長年呆れず付き合ってくれてるのかな」
などと思ったりして、ね。


帰りは、カクカク入り組んだ細い裏道を通り、またまた新たなまち発見を楽しみながら歩く。
通りがかった昨今評判のうどん屋さん、おっさんによるといつもの行列がないってことで、
「ラッキー!」
喜びつつ寄ってみたら、評判通り美味しかったー。
私は、やっぱ、美味しいものを食べているときが一番幸せなんかもしれん。
大好きなひとと共に。


なかなかうまくはいかないけれど、少しづつでも丈夫になれるよう励もうと思う。
ちょこちょこささやかでいい、こういう楽しい日を積み重ねてゆきたい。

PageTop