茅屋雑記帳

ボンクラ主婦きすけの気ままな日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

鰤大根

ちっちゃなころ、伜は、おかあさんっ子であった。
ベランダで洗濯物を干していたりトイレに入っていたりでちょっと姿が見えぬだけで、
「おかあさーん」
不安げに呼んだ。

そのくせ、
「ぼくな、大きぃなったらな、カクレンジャーになんねん。
 悪い奴なんかやっつけてな、おかあさんを守ったるんや!」
などと気炎をあげる。

「わあ、うれしいわあ。
 んじゃ、おだいことお魚を煮たのも嫌がらずに食べて強うなってな」
ぎゅうっと抱きしめると、ふにゃあ、みたいな声を出して胸に顔をこすりつけた。

古くから、
『子は三歳までに一生分の親孝行をする』
と言い習わされているが、まったくだ、と思う。
誰がこんなに自分を必要としてくれるだろう。
誰がこんなに心とろかすような言葉をくれるだろう。
三歳よりも長い五歳くらいまでの間、そんな甘い生活が続いた。

そのうち、母親より友だちのほうが大事になっていった。
そして、反抗期も普通に来た。
高校受験と重なっていたので結構厄介だったが、カリカリする反面、
「まあ、当然のことなんやろなあ」
てな気はした。
彼を生んだのは私だけど、彼は私のものじゃない。
また、確かに彼を愛してはいるけど、ただ愛しているってだけ。
なんにも出来ない母親だった。
なんの手本にもならない母親だった。

少し前に頂いたコメントへのご返事で、
「お金はやれんが、自由はやる」
伜にこう伝えてある、と申し上げた。
誰があんなに自分を必要としてくれただろう。
誰があんなに心とろかすような言葉をくれただろう。
彼があまり好きでなかった鰤大根をコトコト炊きながら、かつての甘い生活を思い出し、
もうじゅうぶんだよ、と呟いてみる。

うは、かなりの強がりが入ってんな、よろしく哀愁。

スポンサーサイト

PageTop

第一歩

以前にも述べたが、何年か前までときどき某掲示板に書き込みをしていた。
けれども、次第に、ああ、私みたいな奴には不向きな場所かもしれんなあ、と思い始めた。
何しろ他人の投稿にむかついてむかついてしょうがなくなってきたのである。

ちゃんと人の文を読まんかタワケ、とか。
こんなときに面白くもねえ茶々を入れるな、とか。
何胸張って言い訳してやがんだ、とか。
やっすい思い込みで“他人を受け止められる自分”に酔うな、とか。
てめえみてーに的外れなスカ弾野郎が気配り上手な人格者面すんじゃねえよ、とか。
ぶってぶってなM趣味は自分ちの中だけで夜にこっそり愉しんでろ、とか。
よくもまあこんなピンボケな皮肉をかまして悦に入ってられるもんだ、とか。
はいはい賢婦様、本日のありがたーいお言葉ご苦労さん、とか。
とにかく頭の中には罵詈雑言が轟々と渦を巻く。

勿論、尊敬や憧憬の念を抱いたり、ひどく胸を打たれたりすることもよくあった。
自分を飾る言葉を探しがちな私にとって、自分を飾る言葉を吐かぬ人ほど眩しいものはなーい、
シクラメンのかほり、ちょっと昭和臭。
だが、そんな人々の言に上記の奴らがべたべた汚い指紋をつけようとする度、余計苛々した。


つらつら考えるに、私は、経験の豊富さや特異さをベースにものを言う人が嫌いなのだろう。
いや、決して自分語り自体を厭うわけじゃない、時には身を乗り出すようにして読んだりもする。
我慢ならんのは、他人の言にまでいちいち自分の経験の豊富さや特異さをおっ被せちゃって、
相手のことを把握しているかのような態度を取る人、だ。
「おまえの気付いていないおまえが俺には見えているんだ」
「あなたがどんな人か、私にはわかるのよ」
すっげーさっぶい先輩風をびゅうびゅう吹かせちゃいるが、結局は自分を認めさせんがため、
他人の言に依存しているだけじゃねえか、と、凍えそうなカモメ見つめ泣いていました、おっと、
また昭和臭。

掲示板で信頼できる人というのは、
『言の主意を言の中に見出してくれる人』
だと私は思う。
言外に匂わせた気持ちなるものを、拾いー集ーめて暖めー合おぉー、な人ではない。
そんな態度に出られたって私にしてみりゃ本当に何もない春だ、おいどうにかならんのか、
この再三の昭和臭。
ともかく、理解や賛否などその後に来るものだし、また、そういったコミュニケーションって、
求めて得られるものでもない。
ただ、
『言の主意を言の中に見出すこと』
が掲示板におけるコミュニケーションの第一歩であるのは確かだ。
「おまえの気付いていないおまえが俺には見えているんだ」
「あなたがどんな人か、私にはわかるのよ」
などと嘯く人々はそれをばっさりと放棄しているのである。
その、老化したことを威張っているとしか思えぬみっともなさにはついついげっぷが出る。

PageTop

歌会始

寒い。
「暖冬になるって言った奴、ちょっと来い!」
と八つ当たりしたくなるほど寒い。
雪国に住まうわけでもなく、第一、外へも出てねえくせして何言ってんだ、だわな。
先日の診察じゃまだOKがもらえなかったため、相変わらず家で静かに過ごす生活だ。

そんなわけで、午前中、TVの歌会始の様子なんかをぼーっと眺めていた。
と言っても、なぜか毎年観ているような気がする、ええ勿論、たまたま、ってやつですがね。

で、やはり毎年思うのは、皇后陛下の御歌の素晴らしさである。
        【  君とゆく道の果たての遠白く夕暮れてなほ光あるらし 】
ちらり画面に映る見事な御手蹟にもうっとりするが、何とも清らかに優しく、そして懐かしく、
「へ、歌? 食えるのそれ?」
てな、風雅もへったくれもない人間の胸にさえすうっと沁みてくるのが不思議だ。

近衛さんが皇太子殿下の歌を読み間違えるハプニングもあり少々ヒヤッとさせられたものの、
何だか自分の心まできれいになったような気がした、ええ勿論、錯覚、ってやつですがね。

PageTop

重宝な器

私は実にしみったれたばばあで、欲しいと思うものがあってもかなり長期間迷う。
そのくせ買って後悔し、
「ちょっと日暮れの細道に出て小石でも蹴って来たろかしらん…」
などといじけることも多く、しみったれ感がさらに深まる。
たったひとこと
「思慮が浅い」
と言えば済んじゃう話に無駄な行を費やしているこの性分に因るところも大きいか。

お店で手に取り、確かめられるものなら、まだそれなりに検討できる。
が、諸事情により食材ばかりでなく何かとネット通販に頼りがちだった今日この頃。
ケチなんでさほど金額はかかっていないものの、蹴りたい小石の数が些か増加傾向にあった。

そんな中、これはよい、と重宝している品が。
楽天の某店で購入した『穴あきベジタボール』だ。
蒸しまっせ~  

この、特大の丼の底に穴を開けたようなの、蒸し料理に使う器なんである。
(あ、縁っこのねこは無関係ね、何となく置いてみたかっただけ)
三千円を超すんでやはり見つけてから数ヶ月間迷い、十一月にやっと届けてもらったのだが、
野菜やお肉などを盛り付け、大きさの合う鍋にお湯を沸かし、そこにのせて鍋の蓋をすれば、
手軽に蒸し料理が作れ、下に皿を置いてそのまま食卓にも出せる。

従来の蒸し器というのはやたらでかくて場所を取るだけにキッチンの棚の奥に収納してあり、
数個のシュウマイを蒸すために他のもんまでガタガタ引張り出してから掛からねばならんのか、
とぶつぶつ言っていたが、今後はそんな文句も中華ちまきや茶碗蒸しのとき位でよさそうだ。

で、実際に使ってみたら。
南瓜、人参等野菜が大変に甘くなるし、また、もやしを敷いた上に豚肉をのせて蒸し、ポン酢で、
或いは白菜としめじと海老とほたて貝柱を蒸し、コチュジャンを効かせた変わりダレで、と、
色々試してきたが、素材の味が引き立って、どんな組み合わせでもあっさりと美味しい。
その上、鍋に残ったお湯にも旨味が出、癖の強い食材を蒸したとき以外は中華スープにしたり、
昆布だしを足して味噌汁に仕立てたりでき、無駄がない。

いい買い物ができてよかった。
巷では蒸し料理がブームらしく、レシピ本も様々あるよう、もう少し経ったら書店へ見に行こっと。

PageTop

長ーい友だち

このタイトルにピンと来ちゃったあなたは私同様古い。
ここはひとつ昔の者どうし支え合って生きていこうではないか。


手術時の放射線の影響なのか、それとも何やかや目に見えぬストレスがかかっていたのか、
髪が抜ける抜ける。
今朝もすっと軽く側頭部の髪を掴んだらごっそり指に絡んできたんで、
「わー、おとーさん、見て見てこれー」
おとんの前に差し出したところ、
「うげっ、もったいないことすな!」
彼は彼で色々思うところがあるのだろう。

こういう変な後遺症ってほっとした頃にやって来るもののようだが、元々髪は多いほうでも、
やはりいい気持はしない。
しょうがないからせっせと集めて昭和っぽく針山でも作ったろかしらん。

などとぶつぶつ文句を垂れられるほど元気になったわけだし、贅沢言ってちゃいかんな。

PageTop

新年だ

あけましておめでとうございます。

養生中ながら、騒々しい奴が帰って来たため何だかんだ笑いの起こるお正月。
たくさんの友・いい先輩に出会い、また、バイト先では年長の方々にも可愛がられているようで、
溌剌とあれやこれや語る。
ありがたいことだ。

「あんたも今年はもっと明るい生活を送りなさい」
説教口調で言われたが、私ゃこれでも暗いなどという自覚はないんだよな。
ただ、面白さを感じるポイントが少しずれているのかもしれん、と思うことはある、品ねえし。
ま、自身が明るいつもりでいるんだからそれはそれでよかろ。


ってことで、今年もよろしくお願い致しますです。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。