FC2ブログ

茅屋雑記帳

ボンクラ主婦きすけの気ままな日記

笑い

今日は消化器科のほうの診察日だった。
もう何年もお世話になっているが、温和で面倒見のいい先生。
入院時も毎日度々様子を見に来て下さるし、有難いことである。

血液検査の結果と照らし合わせ
「ああやっぱり乳腺外科の抗ホルモン剤の影響が出てるかなあ」
数値が軒並み悪かった。
「どういうわけか食欲もなくて…ムンクの『叫び』みたいな顔つきになってきました」
そう答えたところ、いつもは物静かな方なのに
「ブーッ」
いきなり噴かれてしまった、まあマスクしてらしたから唾は飛ばなかったけど。
「すみません、笑い事じゃないのに。
 そうですねえ、こちらのお薬を少し変えてみましょう」
きまり悪そうに通常の先生に戻った。

いえいえ、先生、私はうれしく思いましたよ。
こんな影の薄いインキー婆でも、まだ人さまを笑わせることができたんだなあ、って。

PageTop

晩秋

一昨朝。
診察日だったため久し振りに体重を測った。
吃驚した。
BMIで言うと15を切っている。
さすがにこれはあかん。

先生も胸の診察より先ず顔を見て
「ちゃんとしっかり栄養摂ってますか?」
うーん…摂れてないんだろうなあ。
何を口にしても美味しくないし、すぐ胃が重くなる。
抗ホルモン剤の副作用としてはあまり見られない症状ってか、一般的にはむしろ逆らしく、
慣れるまでに時間がかかる体質なのかもしれない、とおっしゃった。


ついでに。
残った右胸に二か所、それぞれごく小さな粒が三つくっついたようなものを見つけたので、
そのこともお話しした。
先生が触診する限りではほぼ心配ないそうだが、安心を得る為エコーはしときましょう、と。
左胸のとき、最新の造影MRI機で同時に右も検査した際は、異常無し。
が、リンパ節転移も無しという所見だったのに、手術時のセンチネルでは広がっていた。
きっとわかりにくい病なんだろうなあと思う、ある程度育っちまうまで。
まあとにかく受けて帰ってきた。


何にせよ、美味しいもん・好きなもんの豊富なこの時季。
こんなに食えんでどうすんねん、と、少し悲しくなる晩秋だ(笑)。

PageTop

ズッキーニ

食欲ねぇよぅーと嘆いたところでしゃあない、ましてや似非即身仏(笑)になるのも癪。
少しでも食べやすいものをと、今夜は水菜をお供の湯豆腐にした。
めっさ手抜きやけど、胃弱のおっさんも喜んでくれたし、まあええわな。

安かったため買ったズッキーニでついでにもう一品。
ズッキーニ好きなんだよね、ナスっぽいのにクセが無くて。

以下は覚え書き


【 ズッキーニのバター醤油ソテー 】

ズッキーニ 1本
バター 適宜

※ 醤油 小さじ1
おろしにんにく 適宜
砂糖 ひとつまみ

フライパンにバターを溶かし、5ミリくらいに輪切りしたズッキーニを入れて塩少々を振り、
両面軽く焼き色をつける。
※を加える。


やっぱりこれも手抜きな簡単さですな。

PageTop

骨どーすんだよw

昨晩、お風呂上りにパジャマのパンツの裾を膝までめくって足の爪を切っていたところ、
ちょうど帰宅した伜が一言。
「あんた、いったい何なんやその手首みたいな足首は、どんなふざけた仏か知らんけど、
まんま即身仏になってまうぞ」
先日も思ったが、野郎というのはどうしてこう厭味なものの言い方をするんやろ。
加えて直截でもあるし(笑)。


ホルモン抑制剤を服用するにあたり、現在の主治医の部長先生は、
「低体重のあなたには関係ないだろうが、薬の副作用でどんどん肥満する人もいます。
長年に亘る治療なので、その点はほんの少しだけ気に留めておいて下さい」
とのこと。
私はガリなのに何故かなっちゃったけど、乳癌の大敵は肥満だと言うしねえ。
また、リンパ浮腫外来の講師の先生からは、
「予防のためには太らないようにすることが最も大事です」
同時期にリンパ節郭清した各部癌患者を集めた場にてスライドでのそんな説明があった。


けれど。
なんか伜が指摘する通り、逆に羸痩の域に入ってきたような気もする。
いつまでも続く左上半身の痛みのせいなのか、或いはこれも一種の薬の副作用なのか、
私の場合、今んとこ一日中じわっとくる吐き気のため食欲がわかん。
本来食欲の過増進に悩む人が多いらしいものの、副作用の表れ方は個々に違うもんな。

骨粗鬆症を誘発することは、はっきりわかっている薬。
癌細胞の増殖を阻むため、謂わば強制的に老化を進めている側面もあるわけだし。
なのに、必要な栄養は摂れねぇわ、ろくに動けねぇわで、一寸困る。

PageTop

おやまあ

土曜の午後、『西郷どん』の再放送をぼんやり観つつ、
「ところで私の執刀医はどこへ行かはったんやろ・・・」
やはりぼんやり呟いていたら、休日なのにめっさ珍しく家にいた伜が背後から、
「今あんたの前にあるパーソナルコンピューターという文明の利器で検索すりゃええやん」
と。
いちいち厭味にめんどくせー物言いをしやがる、誰に似たんだ、私か(笑)。

ぼんやりしたまま検索してみたところ、おやまあ。
さすが文明の利器、いっぱい出てきた。
外科の各分野に亘る論文、学会での発表・講演etc.…。
現在は、某大学病院にて先進医療のプロジェクトチームに加わっておられるそう。
ついこないだ田舎のババアのお乳切ったばっかなのに、一体何なんだその転身は。


夕方、帰宅したおっさんと
「おとーさん、○○先生は、何か学術っぽいってか、研究者だったみたいやわ」
「ほぅ、どれどれ、なるほど、こりゃ、日程的にあんたがこの土地最後の執刀やな」
「臨床だけじゃなくて医学博士号取って上を目指ささはるんやろね」
そんなことを話した。


田舎のババアとしてはむっとするとこもあるけど(笑)、今後の御活躍を心よりお祈りする。

PageTop

かったりぃー

ホルモン療法と言っても、一日一回小さな錠剤を忘れず服用するだけである。
このお薬は骨粗鬆症を誘発するらしいので、頂いた日に予防用の点滴を受けた。
先生曰く、
「二、三日微熱や関節痛が出る場合がある点滴なので、解熱鎮痛剤も処方しときます」
だそう、しかし、微熱どころか…。
四日間、39度超の高熱が出て、次に解熱鎮痛剤を飲めるまでの6時間が辛かった。
関節は、全身に関節があるんだなあと知らしめられるくらいどこもズキズキ痛かった。

その後本格的にホルモン抑制剤を服用し始めて思ったのは、かったるさだ。
やったらかったりぃー、かったるくて機能しねぇ、頭も心も身体も。

しょっぱなからこんなことでどうしよう、だわな、でも、何を言っても詮無い話。
抗癌剤は迷いに迷った挙句受けぬと決めたが、根性ねぇんで正解だったかもしれん。
とにもかくにも、私は死ぬまでこの私と付き合っていくしかない。

いま現在になってようやく知った。
あんた、案外自己愛の強い者だったんだね、と。
だから、私はあんたに一生付き合ってやるよ、そう自分に言い聞かせている。

PageTop

告知を受けたときは、割と冷静だった、まあしゃあないわな、と。
入院・手術して片乳になり退院した後も、割と冷静だった、まあこんなもんなんやろな、と。


近く各種業者さんが入るマンション全体の一斉点検がある。
あらまあ、ではお部屋を片付けなければって、のろのろながら動いた。
動いたつもりだが、あんまり動けなかった。
身体が私の意思を拒否しているみたいに。

あらためて思った。
ああ、そうか、私は一応癌患者なのだなあ。

すごくやりきれん気持になった。
ずっと泣かなかったのに、おっさんの目の前で涙をこぼしてもた。
こぼされたひとの気持を考えもせず。


涙はやはり我慢せなあかんな、せめて明日まで。
できれば、それがうれし涙になるかもしれん明日まで。

PageTop

あたりまえのこと

七月、悪性腫瘍の診断結果をおっさんに話したとき、彼は、
「昔は告知自体が大ごとやったのに、今は当の本人から聞かされるんやな」
ぽつり言い、黙り込んだ。
「そんだけ医学が進歩したんじゃね? フツーの病気なんやわ」
と、答えつつ、言われてみればそうだなあと思った。
古いドラマを思い返すと、本人にどう伝えるかみたいな周囲の懊悩シーンがよくあった。
それがテーマになっていたのさえあったような。

入院して、手術して。
そういうことには慣れてるんで、まあしゃあないわなあ、だった。
ただ、病院のベッドであれやこれや考えもした。


私は、ずっと、死ぬのが怖かった。
幼い頃母親に何度も訊いた憶えがある。
「おかあさん、人は死んだらどうなるの? どこへ行くの?」
そんな阿呆な恐怖心を五十路になるまで胸のはじっこに隠し持っていた。


だけど、たまたまひとりだった日の四人部屋の病室で先の事をぼんやりと考えたとき、
死ぬのをさほど怖いと思わなくなっている自分に気付いた。
すごく不思議だった。



死ぬのはこの世に生まれてきた全ての人にとってあたりまえのこと。
この歳になってようやくながらわかったのが、私の生においての収穫なのかもしれん。

PageTop

先生

実は、一昨日最もショックを受けたのは…。
初めから面倒をみてくれはった主治医であり執刀医でもある先生がいなくなってしまう、
そのことだった、てか、一昨日が最後の外来診察だった。
市立病院なんで、お役所っぽく見辛い掲示板にそういう文書が貼ってあっただけ。
最終日の診察を受けるまで、私は知らんかった。

一昨日も、
「きすけさん、排液を穿刺してから創の盛り上がった部分を削ってきれいにします。
少し痛いかもしれませんが、遠慮なく言って下さいね」
「はい、お願い致します」
ってな感じで、いつも通りのやりとりだった。
ただ、今後の治療についてまだ迷いがあると話したとき、すごく困った顔をされたので、
変な気はした。
「次の診察予約は部長にお願いしますね。
でも、急いで決める必要はありませんよ、御自身のお気持ちが最も大事です。
できたら私も来ます」
余計変な気がした。
なんで部長先生なんだろう?
なんで“できたら”なんだろう?

先の事を決めかねてはいるけれど、いずれにせよホルモン療法だけは受けねばならん。
診察後、その療法のための検査があって移動するとき、偶々通りすがりに掲示板を見た。
『外科の○○医師転勤、最終の外来診察は9月13日になります』
えっ、何だねそれ?
先生、聞いてないよぅー?
でも、お医者さんとしては、よくあーる話じゃーないかー (by日吉ミミ またかいw)。
転勤となっていたが、実際は退職、新天地の病院で活躍されるのだろう。


入院中毎日見てたら、甥っ子よりちょっと年嵩だったものの、雰囲気はやはり似ていた。
何より、言葉の柔らかさで安心感を得られた(甥っ子は私に似ずそういうええ男やねん)。
優しい先生でよかったな。
阿呆なんであからさまにきっついことを言われた場合、質問とか何もできへんかったやろし。



何だかんだでしょぼくれていた私に、帰宅したおっさんが言った。
「旅行しよ、一泊でも、隣町でも、旅行は旅行や。
うまいもん食って力つけて、そっからまたやってこに」

うん、行く!
もう少し待っててな、創が治ったら是非とも。

PageTop

たぶん

「今は創を治すのが大事です、ゆっくり考えましょう」
先日の診察にて、いつもの優しい口調で先生はそう仰ったが、ちらり匂わせてらした。
先に抗癌剤治療→続いてホルモン療法という方針。
「抗癌剤治療については、あなたが80歳を超えていたなら当然お勧めしません。
ですが、きすけさんはまだ56歳なので…」


似たような言葉を、ずいぶん前にも聞いた憶えがある。
脳動脈瘤の手術をしたときだ。
「あなたが77歳なら経過観察とするが、47歳からそれを続けることの負担は過大」
結果、うまくいった、だから今もこうしてちゃらちゃらブログなど書いていられる。
当時だって既にトシくったな感は覚えていたけど、やはり若かったと思う。
自分の寿命ってことに対し、どこか緩衝物があるような鈍感さで以て決断できたから。


抗癌剤か…。
外見なんかはまあいいよ、はげになろうが、眉毛・睫毛が無くなろうが。
ただ、体内の健康な細胞まで殺しちまうその副作用に苦しむ人が身近に何人もいた。
その挙句、再発しちゃったなんて場合さえ。
私の身体はそれに耐えられるのかな。
今以上ゴロゴロ寝たり起きたりな生活になった時、私の気持ちはそれに耐えられるのかな。

実際がとこ、乳癌って、ほんとうは完治するわけじゃないもん。
出来場所にもよるが、切れば終わりでなく、事後いかに転移・再発を抑えてくかっつう病。
ゆえに、その人の生におけるのちの主題ってもの自体、変わってしまう気もする。
化学療法の副作用に耐えつつ体内の癌の芽と闘い、いけるところまで長生きするか。
または化学療法に頼らず、体内の進行無視でフツーに過ごし、転移・再発を容れるか。

前者を選択し、乗り越え、元気になる人も多い反面、効かずに亡くなった知人も。
後者を選択し、フツーに長生きした人もいそうだが、その比較には意味がない。
大体、化学療法がない時代に罹患した人だと選択すらできんわ、統計も残っとらんし。
昨今になり、自然療法に委ね若くして亡くなった人々のことが世の話題にも上るので、
注目されかけてきたに過ぎない。

その人の生におけるのちの主題ってもの自体、変わってしまう気もする、などと、
ついさっきやたらエラソーなことを書いてしまった。
けれど、自分の生の全うの仕方をどう考えるか、結局はその一点に尽きるのだろう。



たぶん、ホルモン療法のみでいくと思う。
元々の持病との関係上、それだってずっと継続できるかどうかはわからないが。

PageTop

痛い

台風21号のさなか、おっさんと共に予め決まっていた退院後初回受診へ。
クルマだと10分弱の距離なんだが、家々のひしゃげて倒れた柵、ぶっ飛んでいる看板、
あちこちに横たわる大きな木の枝や雨樋などを目にしての、なかなか怖い道中だった。
院内もガラガラ・・・人がいない・・・午後とはいえ、外来のあんな光景初めて見たぜよ。
先生はとても恐縮してらしたけど、別に先生のせいっちゃうわなあ。
御自身とてそんな日の勤務だったわけだし。

んでさ。
もっと言えば、手術に臨んで思いがけずリンパ節廓清となったのも先生のせいではない。
センチネルの結果が転移なのならしゃあないこった。
天災のように大きな事柄でなく、一人の患者の身体内にしたって、予測は難しいんだろう。
よくあーる話じゃーないかー (by日吉ミミ 知っとる人いてるんかいw)。

排液がしつけーんで、まずはまたぶっとい注射で抜いて頂く(2本分あった、うげ)。
この先の治療についてもほんの少しだけ触れておられたが、今はまだ創を治すのが大事、
もうちょっと状態が落ち着いてからにしましょうね、とのこと。
実際、左上半身が痛くて痛くてかなわんし、左腕などノルマの自己リハビリでさえ泣ける。
おまけに抜いて頂いた術創の排液かて数日経ったらすぐたまって腫れてきとるやん。
これ、今度の木曜の診察まで持つんかなあ。

まあ、病理の結果、色んな問題が待っていることだけはわかった。
けれど、毎日鎮痛剤に頼りうんうん唸っている現状、先のあれこれをじっくり考えようにも、
まともな判断なんぞできん。
てか、暗い感情しかわいてこやへん。

なので、今んとこはまだチンタラチンタラ不良ばばあのまんま過ごしている。

PageTop

半分、グロい。

九月になりましたな。
病室では殆どテレビを見てなかったんで、毎朝の時計代わりみたいな『半分、青い。』も、
プチ玉手箱的にえらく話が進んどったわ。



入院中、下半身だけシャワーOKとなって以後、看護師さんに毎日繰り返し訊かれた。
「胸が見えたらいけないので上着を脱がないままでいいよう整えましょうか?」
「Aのシャワー室には鏡がありますんで、Bのほうで予約しましょうか?」
何でも胸部の変わり果てた状態に衝撃を受ける人が多く、失神したケースもあるそうな。
乳房を取った患者さんの大半は、自分のそれを見るまでに時間がかかるとのこと。

私ゃその都度、
「あ、大丈夫です」
と答えてきた。
だって、術後すぐの回診で既に見えちゃったんだもん。
上半身を起こした姿勢、大抵は顔を背けるのかな、でも、頭はまだぼーっとしてたものの、
目でははっきり捉えてもうてん、胸帯と分厚いガーゼを外したそこを…はい、馬鹿ですな。
失神はせやへんかったけど、冗談でなく『半分、グロい。』と思ったわえ(笑)。
だが、早いうちに慣れられたのは、却って良かったんじゃないか、と。



何にせよ。
自分の事なんだからさあ、ひとつずつ、ひとつずつ、自分で落とし前をつけていかんとな。

PageTop