茅屋雑記帳

ボンクラ主婦きすけの気ままな日記

甲子園

太田幸司・井上明の活躍を覚えている私。
父親の影響を受けたとは言え、既に小二の頃から高校野球に浸かっていたわけか。
四十年…ってあんた…ぞっとするくらい長え歳月やん…。

実際、プロ野球中継やニュースのダイジェスト等を眺めていても、甲子園卒の人に対しては、
「あ、○○高校の○○くんや」
たとえええおっさんであろうと過去を基準に呟いておる有様。
病膏肓に入るとはこういうことなんかもしれん。


戦っている子らにしてみりゃ、得点なんだよな、結局のところは。
でも、観ているだけの人間にそれ以上のものをくれるのは何故なんだろう。

甲子園。
今年も熱い。

PageTop

中京×日本文理

はー。
凄い決勝戦だった。

終了後、すぐ伜からメールが来て、

【 中京、よかったの。
  どうせ一人で盛り上がって嗚咽しとるやろ。
  踏み台昇降も真面目にやれよ。 】

エスパーか、あんたは。


今朝、ツクツクボウシの声も聞いたし、もう秋だな。

PageTop

球児

トイレの電球が切れたため、高校野球の経過を気にしつつ仕方なく電化店へ買いに行った。
勿論すぐに一寸した輪のできているテレビのコーナーへ走ったけれど、絶妙な送りバントについ
「ナイスメイデン!」
と発しそうになり、慌てて口を押さえる。
神よ、この汚れた某掲示板脳を許したまえ。

まあ私ゃ普段はいつも家の中で一人ぎゃあぎゃあ騒ぎながら試合に見入っているわけだが、
高校野球ってのはたとえ知らないおっさんたちであっても誰かと一緒に観るほうが面白いな。
中学・高校時代、よく実家近くの球場へ足を運び、県予選を観に行った記憶が蘇った。
そのとき活躍していた選手の一人が現中京大中京監督だったりして、
「おいおい、ええおとっつあんになり過ぎやろ」
と、我が身を棚に上げ苦笑する図々しさ。
ただ、味わいを増した風貌は、見ていて気持良いものである。

関取衆が自分の子どもより若くなると何やらむかっときてしまいそうだが、高校球児の場合、
孫くらいになってもより一層可愛く思えるような気がする。

PageTop

長い長い影  栽監督追想

沖縄では早くも16日、夏の甲子園に向けて高校野球の県大会が開幕。
ふと、先月死去した沖縄水産高・栽監督の姿が浮かんだ。


昭和50年代、沖縄は既に高校野球の強豪県となっていた。
にも関わらず、人々はその代表へ地元や故郷の代表に対する情とは別の、
一種判官贔屓的な祈りに近い応援を寄せているように見受けられた。
私にとっても、甲子園に躍る沖縄代表の選手たちのプレーは、
近現代の沖縄の歴史を無意識に想起させるドラマであった気がする。
そして、栽監督はそういった沖縄の高校野球を象徴する人だった。


記憶には赤嶺、石嶺ら豊見城高監督当時に活躍した選手の顔も残るが、
栽監督と言えばやはり沖縄水産高を率いた将という印象が強い。
監督の風貌と共に、幾度となく流れた同高の校歌をも私はいつしか覚えた。

あの校歌はいつ作られたものだろう。
作詞者の山城正忠は與謝野鐵幹に師事した著名な歌人とのことゆえ、
或いは戦前の沖縄県立水産学校時代にまで遡るのかもしれない。
なるほど、どこか鐵幹のますらおぶりに通じる意気高さが好ましい詞だが、
正直なところ、初めに聴いたときはどきりとした。
「鳴りてし止まぬこの腕 揮う我らの独壇場ぞ」
という一節に、落下傘部隊をモデルとした軍歌・『空の神兵』の
「撃ちてし止まぬ 大和魂…」
を思い出してしまったからだ。
勿論突拍子もない連想で、こじつけめいたことをと我乍ら恥ずかしくなったが、
先程述べた、沖縄の歴史への無意識な想起がここにも表れていたようだ。


昭和33年、沖縄勢で初めて甲子園に出場した首里高の選手たちが、
球場の土を持ち帰ったものの、沖縄はまだ米国の統治下にあったため、
植物検疫法の壁により泣く泣く船中から海へ捨てたという出来事は、
高校野球ファンの多くが知るところである。
当時、栽監督は糸満高の球児だった。
「甲子園で優勝しなければ沖縄の戦後は終わらない」
栽監督の口癖だったというこの言葉の意は高校時代に端を発した、
穿った観方かもしれないが、そう考えてもさほど不自然ではなかろう。


昨夏の甲子園決勝、早実・斎藤投手と駒苫・田中投手の物凄い投げ合いは、
いつまでも語り継がれる名勝負に違いないが、一方不穏な胸騒ぎを覚えた。
二人の顔に平成3年夏の準優勝投手・沖水高エース大野倫の顔が重なり、
何とも遣り切れない思いがよみがえったのである。
引き分け再試合となった瞬間、明日から当分強雨になってくれ、と叫んだ。

大野“投手”はあの大会の苛酷な連投により肘を壊した。
栽監督には四連戦の完投がどんな結果を招くか十分わかっていた筈である。
投球の合間、痛みに顔を歪めながらも気丈な笑みを見せた有望投手は、
「甲子園で優勝しなければ沖縄の戦後は終わらない」
という栽監督の悲願を背負うことで投手生命を断たれた。
そう、これも一面の重い真実だ。
だが、指導者である栽監督個人の過失と言い切ってしまえぬ長い長い影が、
そこには色濃く横たわっている。

非凡な力を持つ大野倫は大学で強打者となり、“野手”として巨人入りする。
のちにダイエーへ移り、現在は母校九州共立大の職員となっているそうだ。
栽監督の訃報に際し、彼はただただ惜しみ悼む感謝の言葉のみを述べた。
その新聞記事に触れ、私は再び栽監督に心の内で名将の称号を添えた。

PageTop

高校野球

父親が好んだ影響で、小さな頃から高校野球に馴染んでいた。
太田幸司の甘いマスクをぼんやり覚えているという相当古い人間なのだが、
生まれて初めて本格的に熱を上げた有名人もやはり高校球児。
定岡正二…当時、鹿児島実業高のエースピッチャーであった。
今となってはなかなかに痛い過去だ。

ドキドキこっそりお手紙を出したのはいいが、切手の貼り忘れで舞い戻り、
それを受け取った姉、さらには家族全員からさんざん馬鹿にされたという、
思い出す度そこらを走り回りたくなるようなエピが余計痛みを助長する。

サンリオPatty&Jimmy柄のレターだぞ。
しかも、学校宛に送るしかないんで、
「どうか定岡さんのもとへ届きますように☆」
などど、緑色のインクで乙女の祈りを表書きしてあるんだぞ。

うわあああ!

ただ、その定岡が名を上げた56回大会(S49)の鹿実×東海大相模戦、
延長153時間38分のゲームは、球史に残る名勝負であったと思う。
取られたらまた取り返す、カクテル光線下の熱闘。
見入る者の思いをよそに非情にも途中でTV中継が終わってしまい、
父親と二人、怒り狂いつつ飯も食わずラジオの前で手に汗握っていたが、
私にとってあれは、高校野球というものに魂まで奪われた最初の経験だ。
定岡のみならず、原辰徳、津末英明、村中秀人等々、
思えば錚々たる選手たちが躍動する舞台に酔いしれていたのである。


それにしても、今騒がれている特待制度問題には首を傾げてしまう。
野球に秀でている子どもが他のスポーツ同様特待制度を受ける、
うむ、結構なことではないか、としか思えないんだよなあ。
プロ野球裏金問題の煽りを食ったようなもんなんだろうが、
長年放置しておいて突然ばっさりとは、ちと恥ずかしくないか、高野連。
第一、真に憲章を尊び、遵守を求める崇高な精神があるならば、
これまでにも善処を促す地道な取り組みが行われていたはずだ。
何だか釈然としない話である。

PageTop